2/22(土)古賀喜比古先生のクリニック・選定会開催レポート!!

Osaka Shion Wind Orchestra
古賀喜比古先生のクラリネットレッスン・選定会を開催しました!

こんにちは!島村楽器イオンモール草津店・管楽器シニアアドバイザーの石嵜(いしざき)です。
2/22(土)、「Shion(しおん)」の愛称で親しまれる「Osaka Shion Wind Orchestra」のコンサートマスター・古賀喜比古(こが よしひこ)先生を当店にお招きし、クラリネット奏者のためのレッスン&楽器選定会を開催いたしました!
参加者の方の許可を頂いて、私も先生のレッスンを少し覗いてきましたので、その様子をご紹介させていただきます。 

古賀喜比古先生プロフィール

ベルギー王立リエージュ音楽院 クラリネット科修了。
ベルギーフランコフォン、北フランス主催のコンクール Jmusicien にて優勝。
ベルギー音楽院管弦楽団とモーツアルトのコンチェルトを共演。
帰国後、日本演奏連盟主催によるクラリネットリサイタルをいずみホールにて行う。
クラリネットを故岩尾眞治、福井聡、R.マレリス、JPプヴィヨン、金井信之の各氏に師事。
【使用楽器:〈ビュッフェ・クランポン〉”トスカ” (GL)】

古賀喜比古先生のFacebookはこちら!

古賀喜比古先生のTwitterはこちら!

クラリネット・レッスンの様子

参加者さんと一緒に、石嵜も少し緊張しながらレッスンがスタート!
楽器を支える親指の位置の重要性や、アンブシュアの形、息の当て方と使い方・スピードのこと、効果的な基礎練習の方法など、先生のユーモアを交えながら楽しく進行していきました。気が付いたら終了時間!レッスンの45分間をあっという間だなと感じる程、濃い内容ばかりで楽しめました。

参加者さんが使っていたリードの厚さは、最初2.1/2でしたが、レッスンが終了する頃には、厚さを3に変えても楽器をしっかり鳴らせるようになっていて、音量も格段と上がっていました!これには石嵜も、参加者さんもご家族の方も感動でした!!
「何をどう意識するのか」が大事で、それにより自分が奏でる音を変えられるんですね。音楽はとても深いなと感じました。

スタッフより

レッスンが落ち着いてからは、スタッフ向けの「ビュッフェ・クランポン」のクラリネット研修もして頂きました。古賀先生、お忙しい中貴重な機会を頂き有難うございました!

(写真左からスタッフ石嵜、古賀先生、スタッフ山﨑)

次回はさらに盛り上がる企画をと考えています!どうぞお楽しみに!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。