【初心者必見】ギター用語解説!

皆さま!こんにちは!こんばんは!島村楽器草津店!唯一の7弦使いのギターアドバイザー兼Web担当!鵜川です!長いな

突然ですがこれからギター始めたい!と思う方が多い今の時期、いざ何を買ったらいいか分からない!説明見てもなんのこっちゃってことありませんか?

そこで!そんな疑問が沸きやすい用語を解説していきます!

アコギ編

単板・合板

よくギターの説明で出てくるのがこの説明。簡単に説明すると単板は一枚の板でギターを仕上げている物を言い、合板は複数の板を合わせた構造の物を言います。

特徴として単板はダイレクトに振動が伝わるので、合板に比べ鳴りが大きいのが特徴です。

対して合板は複数の木を合わせているので耐久性に優れており、強度が強い傾向にあります。

カッタウェイ

ボディの下側が尖った様な形状をしている物をこう言います。一弦側が6弦側に比べて削られているのが特徴で、こうする事により高い音のポジション(ハイポジション)に手が届きやすく、ソロギターなどで演奏がしやすい傾向にあります。

ブレイシング

アコギ内部に施されている構造の事で力木とも言われてます。ギターのトップやバックの補強の為に施されていると同時にギターの鳴りにも関係する重要な役割を担っています。アコギの穴を覗くと何やら気が張り付けてあって、×字だったり×が二個だったり、その付近に色々木が重ねてあったりとなってると思います。この構造によって音の伸びや音の大きさに変化が出るので、詳細はスタッフまでどうぞ!

ボディによる違い

ココもよく疑問点として上がる所ですね。どれも同じに見えて実は違うんです。主にシボデシェイプ、つまりはボディ側面部分の凹みの深さで色々変わります。ここが深くコンパクトになれば音が明るい音になり、凹みがやや浅く大きくなればなるほど低音がガツンと出ます。実際に弾いてみた動画がこちら!

エレキギター

ギタータイプ

主にストラト※(ストラトキャスター)・テレキャス※(テレキャスター)・レスポール・SG等のタイプに分かれます。それぞれ演奏性能やサウンドに大きな違いがあります。またネックの素材による音の違いも。詳しく解説しているページがこちら!

※ストラトキャスター・テレキャスターは正式にはFENDERブランドの商標となります。

歪み

ギュワーン!!とかジャーーンとか派手な音がエレキギターの特徴ですが、ゲインと呼ばれる数値を上げるとこの派手さが上がっていきます。これが歪み(ひずみ)と言われるものです。音は上げれば音割れが発生しますが、この音割れをあえて発生させるのが歪みです。元々は音量を思いっきり上げて音割れをギャリギャリ発生させていたのが始まりです。その頃はアンプに傷をつけたり新聞紙を詰めたりしてこのサウンドを作っていたという面白い話も。その後音量を上げずにこのサウンドを生み出す技術が生まれ今に至ります。

逆に音を全く歪ませないシャラ~ンというサウンドはクリーンと言われます。さらにその間のやや歪みを足したものをクランチと色んな種類があります。

ピックアップ

ボディ中央に付いたのがピックアップと言われるものでマイクの様な役割をしてくれます。タイプは大きく分けて二つあり、細長いものがシングルと呼ばれるもので高音が良く出るサウンドが特徴でジャキジャキとした固いサウンドが持ち味です。明瞭なサウンドが持ち味です。

対してよりゴツくシングルが2枚重ねてあったり、金属のカバーがしてあるものがハムバッカー(省略してハムともいわれる)と言われるタイプで、こちらは出力がシングルよりも高く歪ませたときにノイズが入りにくくパワフルなサウンドが特徴です。サウンドも図太い音が持ち味です。

その他にその間の性能のP-90などもあります。またピックアップのポジションによってサウンドも大きく変わります。実際に演奏してみたのがこちら!

スケール

ネックの長さを表す用語です。主にナット(ネックとヘッドの境目の部分)から弦が止めてありブリッジまでの長さを言います。(メーカーによっては12フレットまでだったりもします。また長さも若干差異はあります。)主に以下に分かれます。

  • ロングスケール 約648mm 25 1/2インチ

主にストラトタイプに多いネック。長さがその名の通り長いのが特徴です。幅が長い分安定したチューニングと張りのある高音寄りのサウンドが特徴で、チューニングを下げるドロップチューニングにも有利なのが特徴です。弦の太さは主に09-42の細めのゲージが張られることが多いです。

  • ミディアムスケール 約628mm 24 3/4インチ

主にレスポールやSGなどのギブソン系の楽器に用いられる長さです。上記ロングスケールよりも短い分、テンションが抑え目でサウンドは柔らかめなのが特徴です。10-46の少し太めのゲージが張られていることが多いです。また、フレットの間隔も上記スケールよりも短めなのも特徴です。

  • ショートスケール 約609mm 24インチ

上記二つよりもさらに短いタイプ。主にムスタングやジャガーがこれにあたります。その大きな特徴は短い分テンションが非常に抑え目であり、フレット一つ一つの幅も狭くなっているので手の小さな方が抑えやすい構造になっています。弦の太さは10-46だったり09-42と分かれていることが多いです。

  • エクストラロングスケール

ロングスケールよりもさらに長いネックが特徴です。長さに差異はありますが基本的には、でロングスケールよりもかなり長いのが特徴です。フレット数も通常の22フレットよりも多いのが特徴です。主にダウンチューニングと呼ばれる普通よりも低いチューニング専用機や7弦などの多弦ギターでテンションを稼ぐために長くなっています。メタルなどのハイゲイン系ギターにこのタイプが多く見られます。


お問い合わせ

店舗名 島村楽器 イオンモール草津店
電話番号 077-516-0860

詳細・ご不明点などございましたらお気軽にお近くの島村楽器店舗にお問合せ下さい。


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。