スタッフ市丸の音楽教室 体験記!vol.1

こんにちは!

久留米店で一番身長が高い男!市丸です!

今回から音楽教室ってどんなことやってるの?という皆さんの疑問を解決すべく、僕自身がレッスンに通ってレポートを書いていこうと思います!

気になったら体験レッスンをぜひ受けてみてくださいね!

お話したいので市丸を呼んでくださーい(笑)

一ヵ月交代で色んな先生を回るのでご期待ください!では早速行ってみましょう!

今回通うのは土曜日開講 ヴォーカル科 久保ひとみ先生

写真はアーティスト「窪み」として活動している姿!笑顔が素敵ですね!

先生は、洋楽、歌謡曲が得意との事!海外でゴスペルをされていたこともあり、ほぼオールジャンル対応可能です♪

さらに、歌だけでなく、人前でスピーチする際のトレーニングなども行えるとの事!

ぜひ一度体験を受けてみてください!一回しか受けてないのに楽しすぎました(笑)

第一回目レッスン

緊張しておりますねー、写真でも分かります(笑)

挨拶と、ちょっとした会話で緊張をほぐしてくれました。

今回僕がお願いしたのは スキマスイッチ「奏」という曲です。

小さいころから大好きで、より上手く歌えるようになりたかったのでチャレンジしました。

さっそく歌詞を見ながら歌っております(笑)

先生が伴奏をピアノで弾いてくれています。

褒められて照れておりますね(笑)自分でもいい笑顔だと思います!

ここで、良いポイントと直していくポイントを簡単に教えてくれました。

何が良くて悪いのかを明確に頭で考えられるので、とてもわかりやすかったです。

遠近で、より進〇の巨人みたいになってますね(笑)

ここからは基礎練習!僕の悪いポイントは「胸式呼吸」になっている事。

口から吸っているので、胸が膨らみ、肩が上がっています。

これを鼻から吸って、口から出す「腹式呼吸」に変えていきます。

なかなか意識してやった事がなかったので、簡単そうで難しい...

次はなんだかブリッコポーズみたいになっていますが、唇をブルブル震わせる「リップロール」と

鼻歌でお馴染みの「ハミング」です。

リップロールは最初は恥ずかしかったですが、だんだん慣れてきました(笑)

ハミングはヴォーカルの準備体操のようなものだそうです!いきなり歌うとホントはNGだとか。

知らなかった...

最後は今までの基礎練習を踏まえつつ、ブレスのポイントや抑揚をつけるポイントを先生が歌詞に付けてくれたものを見ながら通して歌ってみました。

いろいろ考えながら歌わないといけないので、なかなかヴォーカルは奥が深いと感じました!!

また来週をお楽しみに!!

興味がある方はぜひ体験レッスンにお越し下さいね♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。