久留米店スタッフの独り言~第8回~

こんにちは!こんばんは!おはようございます!久留米店が生んだチューニングモンスターことハラです!

いやはや、さむーい一日が続きますね。
久留米店は、ゆめタウン内でも空調が効きづらい位置にあるのか、なかなかな冷え具合。
だがしかし、心はTOO HOT!!皆さんアツく音楽やってますよー!

さーて、久留米の松岡修造(自称)とちまたで噂のTOO、HOT!ハラがご紹介するのはコレ!

polytune

どりゃー!POLYTUNE!!

説明しよう!ハラも愛用しているペダル型チューナーだっ!!

polytune

みてください!このかっっっちょいい躯体!ガンダムカラー(雰囲気)な感じで、画面はLEDを採用しているので、足元に置いたときの見栄えがばっちり!特に暗いステージでは抜群のかっこよさを発揮します!
そして、チューニングが暗いところでも、行いやすい。

チューニングモードもギター用(6弦)とベース(4弦)用を選択でき、それぞれクロマチック・モードは2種類の表示方法を用意。

皆さんお馴染みの針を中央のラインに合わせるニードル・ビューと、回転表示でチューニング情報を表示するストリーム・ビュー。ストリーム・ビューはリアルタイムでわずかなピッチのずれにも反応し、極めて正確なチューニングを得ることができます!

ちなみに、ストリームビューは、かなり正確なので逆にあわせづらいです。レコーディング等、精度が求められる場合にオススメ!

そしてそして、POLYTUNEといえばこの機能!!

POLYTUNE

全弦同時チューニング!!(すいません画像がぼやけました、、)上記の画面はチューニングがずれているところ。右から左に6弦から1弦のチューニングの状態を表示しています。

チューニングをあわせると、、

POLYTUNE

このような状態に。なかなかスマートでしょ。この機能は、1本1本チューニングをあわせるのがメンドクサイ、、時やライブ中の曲間など緊急時にかなーり使えます。

例えば、ライブ中に曲が始まっている段階で

画像

ちゅ、チューニングズレてるじゃん、、!!!

となっても、落ち着いて対応できます。(実際、この経験は私自身ステージで経験アリ!)

他にも、ON/OFFスイッチにはTRUE BYPASSを採用。

TRUEBYPASS

しっかりと記載されてますね!信号がエフェクターを通るときに起こる『音痩せ』を、ばっちり防いでくれます。
最近は、TrueBypass搭載のエフェクターがたくさんありますね。

POLYTUNE

上部はこんな感じ。別売のシリアルケーブルを使えば他のエフェクターに電源供給も可能です!左右のスイッチを使い、モード切替を行っていく形となります。
また、USBとPCをつないで、機能をアップデートも可能です。ダウンチューニングなんかにもしっかり対応してますよー!

今現在、このPOLYTUNEは、POLYTUNE2が発売されており、LEDの輝度やチューニングの精度が上がっています。お値段なんと¥10100!島村楽器久留米ゆめタウン店ではお取り扱いしていますので、是非お立ち寄り下さい!

さてさて、アツく愛用チューナーを語ったところで、私の番はターンエンドっっ!!

次回は、みんな大好きドヤ顔の奇行種、、じゃなかった、貴公子!!

でーんでーん!

奇行種

また次回っっ!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。