【第1回】管弦楽器のお話

第1回 フルートって木管楽器?金管楽器?

【第1回】管弦楽器のお話

 シマブロをご覧の皆さまこんにちは。
島村楽器久留米店で管弦楽器を担当しております西山です。これから管弦楽器の商品やウンチク、演奏の事など色々とご紹介していこうと思っています。今後とも宜しくお願いいたします。

 記念すべき第一回のお話は…今週末から始まるムラマツフルートフェスタにちなんでフルートのお話をしようと思います。

 管楽器は金管楽器、木管楽器と区別されています。金管楽器の代表はなんと言ってもトランペット!木管楽器だとクラリネットでしょうか。さてここで問題です。フルートはどっちでしょうか?
正解は木管楽器です。「えーっ、フルートって金属でできてるじゃん!だから金管楽器だよね」と思うでしょう。かくいう私も最初はそう思いました。「でもよく考えたら昔のフルートって木で作られていたらしいから木管楽器に分類されるんだ!」と気づいた時には自分で自分を天才だ、なんて思ってしまいました。ところが・・・

 現在一般的に金管楽器と木管楽器を分ける方法は唇の振動によって音を出す楽器を金管楽器、それ以外の楽器を木管楽器というふうに分けているそうです。材質で分けているのではないという事なんですね。ちなみにフルートは「エアリード」と呼ばれる原理で音が出ています。筒の中に息を吹き込む事で空気を振動させることでフルートの音は作られています。これでフルートは金管楽器ではなく木管楽器であるという理由がお分かり頂けたかと思います。ちなみにサックスも金管・・・ではなく木管楽器です。

 6/14~16日に開催いたします「ムラマツフルートフェスタ」は日本で初めて本格的なフルートを作ったムラマツフルートが久留米店に並びます。頭部管銀製のお求めやすいフルートから管体18金製の400万円を超えるフルートまでが大集合するこのイベント、フルート吹きなら見逃せないイベントとなっております。またムラマツフルートの技術者によるフルート点検会ではムラマツフルートの技術者があなたのフルートを点検整備いたします。ムラマツ以外のフルートも参加できますし、ムラマツフルートに買い換えたいと思っている方なら技術者に買い替えの相談もできます。詳しくはこちらをクリックしてムラマツフルートフェスタのページをご覧下さい。

 今回はこの辺りでおしまいです。最後まで読んで頂きありがとうございました。またこのコーナーで取り上げて欲しい話題がありましたら下のコメント欄でリクエストして頂くか久留米店の西山までお知らせ下さい。できる範囲でやっていこうと思います。宜しくお願いいたします。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。