ヘッドフォンを守るオススメ多機能バッグ、GATOR(ゲーター)、G-CLUB-HEADPHONE

かゆいところに手が届く、ケースメーカーが作ったヘッドフォンバッグ!

画像
どうもこんにちは。ヘッドフォンの探求者もとい、ドラム担当の坂田です。
ヘッドフォンの持ち運びって皆さんどうしていますか?
純正のポーチやある程度グレードの高いものになると、ケースが付属していますね。
しかし、純正ケースって汚したくないし、それ以外は入らない仕様のものが殆どだと思われます。
そんな時に活躍できるのが今回紹介するヘッドフォンバッグです!

GATOR(ゲーター) G-CLUB-HEADPHONE

画像
画像

メーカー 型名 税込売価 備考
ゲーター G-CLUB-HEADPHONE ¥4,190 ショルダーストラップ付

ナイロン製
外寸全長: 250mm×230mm×100mm
内寸全長: 220mm×220mm×90mm
重量0.4kg

①とにかく生地が良い

画像
とりあえずこのケースの良い点は生地がとてもしっかりしている、この点に尽きます。
写真ではよく分かりませんし、耐久性に優れたナイロンを使用とメーカーサイトに書いてありますが、これは恐らく軍用にも使用されているバリスティックナイロン的な物を使用していると思われます、多分。(バリスティックナイロンを使用したバッグとこれを触ってみたときの感触が酷似しているため)
さらに止水ジッパーを使用されており、多少の雨などが降っても安心な点も評価できます。
画像
このクッション性の強い強化ハンドルも非常に良い!気持ちいい!
画像
ソフトケースだけど強い、という基本性能をしっかりと満たした素晴らしい製品です。
ハードケースはかさばるのでイヤ、でもぺらぺらポーチはちょっと・・・・という方には超オススメです。
画像
中は暗い所でもみやすいオレンジカラー。そしてヘッドフォンを収納するスペースはベロア(ベルベット)生地を使用しています。縫製自体は割と大雑把ではありますが、ガシガシ折り返しまくってあるので、よほどのことが無いかぎりほつれたりすることは無さそう。

②収納スペースが非常に充実している

画像
このケースのもう一つの最大の特徴は、片側がすべて収納スペースになっている事。
・カード(ストレージ)を入れるスペースが3段
・音楽再生プレイヤー(その他スマホなど)入れ×2
・ケーブルを固定するバンド×2
・SDカード入れ×3
・下部にポケット×3

これだけ見ると、なんのケースか分からなくなりますが、
とにかくいろいろ収納できるということは、ヘッドフォン以外でも使用用途が生まれるので有りです。
画像
ケーブル用ホールがフロントに出ていますので、ケースにいれたままいろいろなものが充電ができます。
画像
ヘッドフォンを入れるとこんな感じ。
ヘッドバンドを固定できます。

注意 大口径ドライバのヘッドフォンは使用しない方が良い

思ったほど内側に余裕はありませんので、50mmを超えるような大口径のドライバを持つオープン型ヘッドフォン等(有名どころでいうとAKGのK700シリーズやオーテクのW5000みたいなやつです)は恐らく入りますがギチギチになるのでオススメはしません。

最後に

ヘッドフォンを守る為にこのケースは本当にオススメです。

しかし、それだけではもったいないというのが私の本音。
せっかく耐久性の高いバッグですので旅行とかでガシガシ使いたいです。
モバブーや電源タップなどを突っ込んで電子機器と貴重品を格納するユーティリティケースとして使うのも面白いと思います。
これで4000円は安い!!

おわり。

過去記事もどうぞ↓

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。