MIKARIMBA2013 12/12 スティーブ・ガッド ライブレポート!

1

どうも、ドラム担当の坂田です。12/12に行われたライブ会場に潜入してきました!

MIKARIMBA2013 If you Believe リリース記念 来日ツアー

02

ということでミカさんの故郷である熊本でのライブをビデオカメラのアシスタント(という名目)として見てきました。

今回はスティーブガッドのキットの撮影の許可を頂けたのでちょこっとご紹介しようと思います!
あまり時間がなく写真が酷いものが多いのです・・・

03

今回のキットはSteve Gadd30周年記念モデル(YAMAHA備品)

20インチBD(大分では22インチを使用していたそうです)、タムは上から10,12,14,16インチ。
すべてアルミダイキャストのブラックパーツになっていました。

03

スネアはスティールシェル。ガッド本人はスティールしか使わないそうです。
表にはパワーストローク3、サイドはディプロマットを張っているようです。特にスネアに関してはずっとP3を使っているわけではないとか。黒いリングミュートとタム、カウベルには黒いガムテープでミュートされていました。
太鼓、ハードウェアは全てYAMAHAの備品。
10インチのみスネアのスナッピーに反応するようにチューニングしてあった気がします。(多分)

04

06

しっかりと本人のサイン付きロゴが入っています。フルセットで約100万です・・・

05

ここからは本人私物。HHはトップが14インチコンスタンチノープル、ボトムにKダークのミディアム?だったと思います。
クラッシュは16インチのKダークの何かでした・・・写真を撮り忘れてました。

09

こちらが18インチライド。なんとコンサート用のクラシックオーケストラ セレクションサスペンドシンバルを使用していました。
これが非常にきれいな音をしていました。クラッシュ兼用で非常に万能だなと感じましたね。
シンバルは全て使用感抜群でした。

10

キックペダルはDFP9500C。これはヤマハの備品でした。

11

続いてスティック。写真には写ってないですがちゃんと自分のシグネチャーモデルを使用していました!黒い塗料のせいで、汗をかくと滑るので、ヤスリで表面を削っているそうです。
ブラシはリーガルチップの583R(多分)。予備の為に各2セットずつ、別のマレットスタンドに置いていました。
左上のナッツは大分でのライブでもらったもので、リハの時にずっと食べていました(笑)。

12

583Rはきちんと先端を折り曲げていました。これは先をちょっと出して手で曲げているそうです(足では殆どやらないとか)。
以上スティーブガッドのキットはこんな感じでした。非常にシンプルですね!

12

リハの風景です。写真がぶれていますが・・・
リハでは殆どスティックを使用していたのに、本番は殆どブラシでした。
クリックを聞きながらの練習をしていました。(本番も使用していました。)

13

本番はくまモンも登場(白目)!
ドラムソロは痺れました!

やっぱり生でみると感動しました。今度来日したら普通にお客さんとしてじっくり見たいと思いました!

終わり!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。