【エレキギター/エレキベースショーin熊本】カウントダウンブログVol.32 ショー終了まであと2日!!

こんにちは。ドラム担当坂田です!もうすぐ秋なのになかなか涼しくなりませんね。でもお店はとても涼しいです。最高!
さて、ギター&ベースショーも今日で3日目。早く来ないとギターがなくなってしまいますので是非早めに遊びに来てくださいね!

それではみなさんさようなら!・・・・とはいかないのでちょっと記事を書きます。

みなさんエレキギターっていつ誕生したのか知っていますか?そもそもエレキギターって何が元祖なの?そういう疑問を私が持ったのでちょっと調べてみました。

a

1932年にリッケンバッカーが発売したラップスチール型の「フライングパン」と、他社製ボディにピックアップを追加した「エレクトリック・スパニッシュ・ギター」

も世界初のエレキギターと見なされることもある。
その後1940年代にかけて、ホロウボディのGibson ES-150、ソリッドボディの Bigsby マール・トラヴィスモデルなど新しいモデルが次々と登場し、エレクトリック・ギターが広く一般に認知された。(Wikiより抜粋)

そうです。こいつがおそらく世界初のエレキギター、「フライングパン」です!なんでもフライパンに似てるからだとか。どっちかというとアコースティックギターに近いんだそうです。

この子を見ると今のギターはかっこいいですよね!

b

1950年代に出てきた世界初のソリッドギターはこいつ。みなさんご存知のてテレキャスター。もともと「ブロードキャスター」だったのですがグレッチ社からの

クレームが付いて名称変更されたそうな。

すごいですよね。全然見た目変わってないです。

ということでまた明日!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。