【エレキギター/ベースショーin熊本】カウントダウンブログVOL.15

こんにちは!音楽担当の古賀です!
カウントダウンブログ2週目は、私が個人的に欲しい(ギターを弾くなら)Fender Jazzmasterを紹介致します。Jazzmasterはジャズ・ファンに応えるべく1958年にストラトキャスターの上位モデルとして発表されています。ベンチャーズなどのサーフ系バンド、70年代はガレージロック系、90年代オルタナティブロック系バンドがJazzmasterを使用していました。
Jazzmasterの好きなところはシェイプとストラトより太いサウンドです。女性で使っている方も多いようです。GAINを強めでジャカジャカ弾いてみたいです。店頭には以下の商品がございます。

jm66

Fender JAPAN JM66 価格¥86.100

オリジナル・アルニコ・シングルコイルPUの太い印象的な音色が特徴です!Jazzmasterは人によって、ブリッジのいもむしネジの部分が動いて弦高が変わってきたりするので、ムスタングのブリッジを取り付けるとブリッジが安定します。ですので、ムスタングのブリッジをセットで購入されるのをおすすめします。
店頭での試奏も出来ますので是非とも気になられた方はお店に遊びに来て下さいね!

Fender Jazzmasterを使用しているアーティストは田渕ひさこ(bloodthirsty butchers、ナンバーガール)、MAMI(SCANDAL)、村松拓(Nothing's Carved In Stone)、美濃隆章 (toe)などがいます!ちなみに余談ですが、最近はナンバーガールとtoeを聴きながら通勤しています。

ちなみにFender JapanのオフィシャルサイトのJAZZMASTER CLUBというJAZZMASTERを愛用しているアーティストの対談コラムが載ってます!!
JAZZMASTER CLUB 面白いです!

あと2週間とちょっとでギター/ベースショーinKUMAMOTOが開催されます!只今、ポスターなどを制作しております!詳細がわかり次第アップしていきますのでカウントダウンブログをチェックしてくださいね!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。