【エレキギター/ベースショーin熊本】カウントダウンブログVOL.5

こんにちは。ドラム/管楽器担当の坂田です。エレキギターショー開催!ということであまりギターに縁の無い私が、先日勢いで作ったギターの紹介をしたいと思います。

GUITAR

画像がこれしかありませんでした。すいません。今回使用したのはボロボロになったアイバニーズのRGシリーズです。

工程をザックリと簡単に説明します!

①解体

②塗装を剥ぐ

③ボディ削り

④リフィニッシュ

⑤配線

最後に組みたてて完成です。
当たり前の事なのですが自分でやると相当苦労しました。
せっかくなので今回使ったパーツを紹介します!

DP156SH14

使用したピックアップです。フロントにはDiMarzioのDP156、リアにはSeymour DuncanのSH14を使用しました。

HAISENhannda

配線はベルデンの#8503。何となく音がクリアになった気がします(笑)ハンダは適当です。

switch

SCUDの3段スイッチ。うまく溝にはまらなかったのでボディを削る羽目に。

kon

今回の一番の戦犯はこのオレンジドロップです。オイルなので音がモコモコに。近々セラコンに替える予定です。これはこれで味が出てますけどね。

初めてギターの中身を見ましたが以外に分かりやすく作業もスムーズにできました。
ただ、塗装はプラモデル用のサーフェイサーを吹く→やすり掛けの繰り返しってな感じでやったのですが、案外時間と根気の要る作業でした。
安価に終わらせたかったので手抜きしたのですが案外味がでて愛着のわく出来に仕上がりました。

皆さんも今お持ちのギターに不満などを持っているなら思い切って改造してみるのもいいかもしれませんね。
壊れたら当店に楽器を持ってきていただければ修理いたします!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。