「音楽好きにオススメしたいこの1冊」 郡山アティ店Vol.1 ピアノインストラクター下薗編

こんにちは!ピアノインストラクターの下薗(シモゾノ)です。
音楽好きにオススメしたいこの1冊ということですが、1冊に絞りきれません!!!
ので音楽好き&小説好きの方とぜひとも語り合いたい作品を並べます!

羊と鋼の森/宮下 奈都

羊と鋼の森

羊と鋼の森

  • 作者: 宮下奈都
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: 単行本

今年の本屋大賞。タイトルでピアノ調律の話だなんて想像できない!ですが読み終わったらタイトルの意味がじわーっと分かってくるギャップ。
そしてただただ、美しいの一言に尽きます。
宮下さんの作品は静かで時間がゆっくり流れて繊細でキレイで。
一気に読んでも疲労感が全くなく、余韻がじっくり続きます。

外村くんという主人公が純粋に板鳥さん(先輩調律師)のテクニックに近づこうと努力する姿に終始感動です。
いやいやこんな表現じゃ失礼なくらい、その努力が美しいんです.....!
そしてピアノ調律依頼をした双子の女子がいるのですが、その二人の姿からも外村くんが成長していくところがまたじわじわと感動するんです。
家にピアノがある方は読んでみると、家のピアノに対しての愛着がさらに湧いてきますし、調律師という仕事から学ぶ繊細さがあります。
あらためて感想を書こうとすると難しいですね。こんな軽い感想になってしまうのが悔しい。

ちなみに宮下さんは音楽小説多いです。
窓の向こうのガーシュインは曲の【サマータイム】がキーワードになって進んでいくお話。

窓の向こうのガーシュウィン (集英社文庫)

窓の向こうのガーシュウィン (集英社文庫)

  • 作者: 宮下奈都
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: 文庫

違う作家さんですが、最近文庫になって読んだこちらも良かったです。
■永遠を探しに/原田マハ

永遠をさがしに (河出文庫)

永遠をさがしに (河出文庫)

  • 作者: 原田マハ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/02/05
  • メディア: 文庫

世界的指揮者の父をもつ女子高生和音(わおん)ちゃんが、チェリストの母が亡くなったことで自身もチェロを辞めてしまいますが、高校で出来た親友2人と新しくきたお母さんに支えられ、成長し、再びチェロを弾いていくお話。
マハさん作品大好きでいろいろと読み漁っているのですが、言葉選びがかなり秀逸です。
2時間くらいで一気読みできるボリュームなので、登場人物全員に感情移入して読んでみてください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 神崎和幸 より:

    こんにちは。
    自分も「羊と鋼の森」読みましたよ。
    いい作品ですよね。
    ノスタルジックなストーリーのように感じました。
    そのうえ全編を通して優しい気持ちが流れていると思いましたよ!
    それに「永遠をさがしに」も読みましたが、この作品もいいですよね。
    夢に向かって奮闘している姿が良かったです。
    そのうえ心にしみる音色が聞こえてくるように思えましたよ!

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。