ピアノレッスンレポート「曲に飽きてしまうのはどうしたらいいですか?」

こんにちは!ピアノインストラクターの村上です。

こちらのページでは会員様から頂いたご質問にお答えしたり、私が得意な楽曲分析を行ったりしています。

今回は特に会員様からのご質問ではありませんが、ピアノを独学でされている方や練習中の曲があるのに身が入らない方が、ネットの質問コーナーに書かれているのを取り上げてみました。

ある程度弾けるようになったら曲に飽きてしまいます

分かります・・私もそうです。

練習する為に聞いていた曲というのは1日何回も聞いたり見てしまうので、普段曲を聞き流すより密な関係になってしまい、飽きが来てしまいがちです。私の場合、好きすぎる曲は1か月くらい毎日空き時間に必ずBGMとして流してしまいますし、耳コピして楽譜に残したりするので、その曲と過ごす時間は幸せなのですが、終わると後日その曲に戻るのが辛かったりします。

これも人にってまちまちですが、1曲にとことん仕上げたいと思う方もいらっしゃれば、大体弾けたらOK!次の曲へGO(∩´∀`)∩と思われる方もいらっしゃいますね。

先生からオススメされた曲がいまいち好きではなかった日には・・もう苦痛ですよね・・

飽きるほど聞いてないし弾いてないと感じている方もおられるようです。

練習で聴く際に最初から最後まで聞いていませんか?

練習の時は、練習している部分だけを聞くようにしてみましょう。飽きてしまいがちな方は練習中は見本演奏を逆にあまり聞かないことをお勧めします。見本演奏を聞くのではなく自分の演奏を録音して聞くようにしたら反省点が気になって飽きはあまり来なくなりますよ。

最初から最後まで弾ききって練習していませんか?

出来ないところだけ注力して練習しないといけない事は分かっているけれど、弾けているところを弾くのが楽しくてつい最後まで演奏してしまう、そういったお声をたまに聞きます。達成感はありますが、気になる部分の練習や細かい仕上げはできません。一部分だけしか弾かない、そういう日を作ってみてはいかがでしょうか。

曲のイメージを思い浮かべて演奏する

具体的な音を弾くのは出来ても、具体的なイメージを沸かせて演奏することはあまりないかも知れません。歌詞がついている曲であれば歌詞の意味を考えたりメロディが何故そういう動きになっているかなどに注目すると思います。例えば「恋愛」をイメージした曲なのであれば、曲に合う恋愛模様をイメージすると良いと思います。淡い初恋、喋った事の無い人に片思い、見事両想いになって幸せいっぱいな期間などなど、嫉妬不倫なんかのイメージもありますよね。曲の中の一瞬暗い和音が響く所は一体どういう心境なのか、想像するだけでも楽しいです。それも自分はあまり経験したことの無いファンタジーな恋愛模様を想像するもの良いですよね☆自分の経験とは違う、友達から聞いた恋愛事情や書籍を読んだら出てくるドロドロした感情のやり取りなど・・取り上げればきりがありませんが、経験した数だけ想像ができるし、演奏の幅も広がりますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか?特に大体曲のイメージがついて、発表会などの為に練習される方は特に、弾けるものを仕上げにかかっている時は飽きが来やすいかもしれないですね。そんな時こそどういう気持ちで弾けばいいのか、妄想してみるとより一層楽しいと思います笑 是非取り入れてみてください。

執筆者:村上友巴(島村楽器三宮オーパ店ピアノインストラクター)

ピアノレッスンレポートの過去記事

第19回 2021/9 本番前の手の運動に効果的なストレッチはありますか?
第18回 2021/8 曲覚えられないんですけどー・・・
第17回 2021/7 ピアノ練習できないんですよね・・
第18回 2021/6 大人のための初心者ピアノ教本教えて!
第17回 2021/5 レッスンは月4回必須ですか?
第16回 2021/4 ピアノの譜面台は高さ長さが足りない

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。