ピアノレッスンレポート「おうち時間で独学あるある」

こんにちは。インストラクターの村上です。

暑い日が続きますね・・・

体力がまるで追いつきません。

皆様も新型ウイルスと同じくらい、熱中症にお気を付けくださいね。

今回はおうち時間でピアノを弾いている人の「あるある」についてでです。

独学であれば時間や相手を気にする事なく、好きな曲を好きなように弾けますが、せっかく弾き始めたのであれば、レッスンに通って更に上達してみませんか?

独学で練習されている方ならではの「あるある」をピアノサロンに通う事で全て解消することができますよ!

レッスンに通うと「!」に変わる?

分からない箇所を飛ばすと全然知らない曲になる

練習中、楽譜上に書かれた「?これどういう意味やろ??」と疑問になった言葉や記号を無視していたり、指が回らない場所をそのままにしてしまったり・・・

ふっふっふ。それ、ピアノを弾く上で決定的に損をしていますよ。

演奏は何も鍵盤を押さえる場所が合っているから成立している訳ではありません。リズムやハーモニーへの理解もすごく大切です。

また、クラシック音楽では作曲された時代背景と人気だった作曲パターンを一緒に学べば一気にその時代までタイムスリップする事ができ、実は、鍵盤に与えられていない情報の方が大事だったりします。レッスンではそういった事も少しづつお話しながらレッスンを進めていきますよ。

楽譜を買って満足♪あとは本棚にしまうだけ。

それでは勿体ないです!!

楽譜を買ったならそれは宝石がたくさん詰まった「宝箱」です。外側から見るだけでなく、内側も吟味してその曲にどっぷり浸かってみませんか?色々な曲が入っている楽譜集をご購入されたのなら、知っている曲だけだなんて言わず、思い切って全曲弾いちゃいましょう♪知らない曲が意外と好きな曲だったケースは沢山あります。またその曲の「味」の見つけ方も一緒に考えていけると、「この曲ここのメロディは好きやな~」となるやも?ピアノを通して新しい曲にどんどん出会っていきましょう♪

弾けない所がいつまでも弾けないので諦めた

いやいやいや、少しお待ち下さい!

練習の仕方を変えれば、弾けるようになるのでは?弾けない箇所が出てきたら是非一度私に相談してください。

どのような練習をすれば上達するのかは人によって違います。手の癖・構造・その人が元々持っている音色などが違うため、同じ曲を弾いていても全く違う曲に聞こえる事もあります。レッスンではその方に合った練習方法も一緒に考えていきます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?その他あるあるがまた増えましたら、ご紹介したいと思います。

また来月をお楽しみに~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

担当インストラクター

予約制ピアノレッスンの概要はこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。