PT01 SCRATCHにJDDPTA取り付けました

JDDPTA到着!!

画像
遂に、PT01 SCRATCH用のカスタムトーンアームJDDXPTAが到着しました!!

早速、いつものように取り付けのレビューをやろうと思います。が。。。
画像
ご覧のように、日本語マニュアルもしっかりと付属していますので、出来るだけ簡単に取り付けをご紹介します。

JDDXPTA取り付けレビュー

画像
はい、PT01 SCRATCHを開けます。まずは上側の処理から。

トーンアームを取り外します。

画像
アームの配線のこの部分3本の線をニッパー等で切っちゃいます。

画像
アームの付け根のこの部分のパーツ3つを取り外します。

画像
外した後。

画像
もうアームは外れます。

画像
元のアームのワッシャーは使いますので外します。

画像
ワッシャーをJDDXPTAの方に移植。

画像
付け替え

画像
アームの付け根のパーツを戻します。
そして、その横のパーツのネジを戻します。

画像
プリアンプをここに取り付けます。

画像
ネジはこれを使います。

画像
画像
ここにこのパーツを取り付け。

画像
ここをこうこう

画像
こう

画像
ハンダいらず精密マイナスドバイバーで取り付け。
ここが旧タイプはハンダなんですかね?

画像
次は下側の電源側の処理です。

画像
ここを外します。

画像
なんかこんなのつけます。

画像
ここにプリアンプから伸びてるケーブルをさして完成です。

画像
完成〜!!!

フェーダーよりも簡単に気がします。

画像
ちょっと試して見ましたが、かなり快適ですよ!!!

フェーダーといえば

画像
最近のJDDX2RSは何故かキレが悪いという話ですが、このフェーダーサイドのゴムがデフォルトで小さいタイプのものが付いています。
旧タイプについていた太いゴムも付属しているので、取り替えることをオススメします。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。