藤岡幹大 アドリブギター虎の巻セミナー・レポート!!

みなさんこんにちは!全国的に雪も多く、せっかくの週末ですが、ご自宅でギターを練習されているという方も多いのではないでしょうか!?例に漏れず神戸も悪天候でしたが、そんな外気とは真逆の、熱すぎるイベントが当店では行われました!ギター担当の樋口より、イベントの模様をレポートいたします!!
藤岡幹大 アドリブギター虎の巻セミナー

画像
まずは藤岡幹大さんとはこんなミュージシャン↓

藤岡幹大 プロフィール

藤岡幹大(ふじおか みきお)
 1981 年生まれ。中学時代にレスポール・タイプのギターを入手することでギター人生をスタートさせる。その後、ポール・ギルバートやイングヴェイ・マルムスティーン、スティーヴ・ヴァイらの音楽に触れることでギターの腕を磨いていき、高校卒業後にMI JAPAN大阪校に入学。そこで多くの知識と技術を学び、卒業と同時に同校“GIT”講師に就任、2002 年には新設“GIT-DX”へと抜擢され、
その後、東京校“GIT-DX”講師に就任。そして現在は東京校“GIT”で教鞭を執る。
 幅広いプレイ・スタイルを持つ個性派ギタリストとして知られており、“藤岡幹大 of TRICK BOX”名義で1st 作『TRICK DISC』をリリースしている。様々なメジャーアーティストのライヴ・サポートでも活躍中。
 『コレを知らずにプロにはなれない ギタリストのルール・ブック』『“巧”印象を与えガチなアコギの即効プチワザ集』『アドリブ・ギター虎の巻』シリーズの各巻(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)他、著書多数。

まずはリハーサルからスタート。
藤岡さんは演奏力の高さ云々で語るレベルをはるかに超えていて、音が最強に恰好良い!けれど足元はZOOM G3というシンプルさ。エフェクターばっかり買っている私への戒めにしか思えない!!ギターはESP製 藤岡幹大モデル「SNAPPER-7 Fujioka Custom」に近いですが6弦のシンクロナイズド・トレモロ仕様です。
画像画像
画像画像
事前に今日の参加者は男性だらけだとお伝えした所、気合一杯にリハーサル!!リハーサル中の音とプレイを体験しただけで、
担当樋口は「He is God」と気分は土下寝レベル!!
画像画像

開場後は予約者が定員に達していたため満員でした!男性メインで皆さんギター&テクニカルギターが大好きな方ばかりといった印象。

画像

画像時折ホワイトボードを使用しながら、あの「アドリブギター虎の巻」を生解説!!
画像
手ぶれ酷くて申し訳ございません。藤岡さんの身振り手振りを交えた熱いレッスンの様子は私にはビタっと撮影できませんでした・・言い訳ですごめんなさい・・・・。

画像
セミナー終盤にはなんと!!参加者の中から希望者を募ってジャムセッションタイムを開催!!藤岡さんとギターソロを回し合うなんてよほどの機会か、プロミュージシャンしか許されないはずの出来事。進行の為ステージ傍にいた私にも、挑んだ3名のお客様の手が震えている様子が伝わるほどの夢の様な時間だったはずです。そして3名の参加者様それぞれが、さすが藤岡さんの著作を購入している方々だけあって素晴らしいプレイでした。
画像画像画像

もちろん藤岡さんのオリジナル楽曲も演奏をしてくださいました!やっぱり生で見ると鳥肌ものですね!
画像

セミナー終了後は購入者の皆様へのサイン会や記念撮影会がありました。お一人づつ丁寧に応対する藤岡さんはお人柄も最高で、人として尊敬の域でした。
画像画像画像

あっという間に90分が過ぎ去った今回のセミナーでした。参加者の皆さんは一層藤岡幹大さんというアーティストへの愛が深まったはずです。私も藤岡さんのソロアルバムを所有しており、大ファンでしたので最高の時間でした。
4月には仮BAND名義での新作アルバムも発表されるのでますます目が離せません!!
最後に藤岡さんの作品の中でも私のオススメ楽曲をご紹介!!
Apple Music 内の藤岡幹大 of TRICK BOX

このアルバムの4曲目と5曲目は最強です!!

それではまたお会いしましょう!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。