7階で音楽にぴたっと。第24話

画像
おはようございます。こんにちは。こんばんわ。
略して「おはこんばんちわ」!!

前回に引き続き第24話をお送りします。

今回は、島村楽器神三宮店音楽教室の「大人の為のピアノレッスン」を担当している
ピアノインストラクターの村上友巴(むらかみ ともは)がお送りします!
画像
寒い寒波は過ぎ去り、落ち着いた寒さが続いていますね。
皆様風邪には十分に気をつけてくださいね。

さて第24回目ということで、今回はこれ!!

雛祭り

画像
3月3日はいよいよ雛祭り!
皆さまお雛様は出しました?

人形って関西と関東とお顔が違うの知っていました??
お雛様とお内裏様の置く場所も違うの知っていました??

はい。。。
これくらいにします。
雛あられも忘れずに食べて下さいね。笑

さあ、音楽のお話をしますね。

童謡『うれしいひなまつり』

1935年(昭和10年)にサトウハチローによって作詞されました。
サトウハチローさん、『小さな秋見つけた』などたくさんの童謡の作詞をされています。
手の付けられないほどの不良だったという説があるようです。。。

子供のころ、よく替え歌を作って遊んだものです。笑

この曲、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラの6音で出来ています。
ですが、このうちファはメロディの中で1回しか出てきません。
日本の音楽はいわゆる5音音階で出来ているとよく言われます。
画像
この曲ももちろん例外ではありません。

現在叙情歌として親しまれている唱歌や童謡は、そもそも作曲され始めるのは明治時代の中頃から。
この曲を作曲された河村光陽さんも明治30年の生まれで、
バックボーンにあるのは色々な音階や和音を使い分けるヨーロッパのクラシック音楽理論
クラシック理論の基、日本らしい音楽を作った結果が『うれしいひなまつり』のような、
5音音階がベースにある音楽だったのです!!!

音楽の変化を感じる曲でした。。。

今回はここまで!
ピアノインストラクターの村上友巴(むらかみ ともは)がお送り致しました!
第25話へ続きます!!

【過去の記事】

【大人の為のピアノレッスン】
ピアノサロンへのお問合せはコチラ
【ピアノサロンインストラクター紹介】村上友巴 神戸三宮店 店舗情報-島村楽器

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。