『ピアノ調律担当日記』 その11 ~ピアニストとピアノ好きにぜひ読んでほしいピアノの本~

こんにちは!!
島村楽器ららぽーと甲子園店の藤岡です!!!

日ごとに暑くなってきて、外に出たくないなと思ってしまいます。
もう夏がすぐそこまで迫りきている事実を受け止めきれていません。

さて、今回は
『ピアニストとピアノ好きにぜひ読んでほしいピアノの本』
と題しまして、今までに私が読んだ本の中からオススメをいくつか紹介していきます。
中でも、今回はピアノメーカースタインウェイ&サンズに関連するものもピックアップした三冊をご紹介します!!

それではレッツスタートです♪

ピアノ図鑑 
歴史・構造、世界の銘記
画像

タイトルにある通り、ピアノの歴史や構造がまるっと分かる一冊になっています。
ピアノの歴史と作曲家がどのような関りがあるのか
ピアノの中身はどうなっているのか
メンテナンスは何が必要なのか… など

この一冊を読むとピアノの事がしっかりわかります。

私も出版と同時に購入…
何といってもなので見ていて飽きません!!
必見の一冊です。

調律師、至高の音を作る 
知られざるピアノの世界

ピアノストの悩みは
コンサート会場に行くまでどんなピアノなのかがわからないという事。
どれだけ練習をしていても、会場のピアノでは思うような音が出せなかったりしたらどうしよう…
など悩みは尽きません。

さらには、リハーサルから本番までの短い時間でピアノに慣れないといけない事はとても大変です。
そこで!
ピアノごとコンサート会場に持っていく事は出来ないのか?
と思い立って実行した一人の調律師がいました。

ピアノを運ぶことの大変さや、
コンサート調律と家庭調律の違い等

調律師ならではの視点で描かれています。
これを読めば今までと違う角度でコンサートを楽しむ事も出来るかも!?

冒頭ではスタインウェイ&サンズがなぜ世界一コンサートホールに導入されるようになったのか
とても分かりやすい記述があります。
私がスタインウェイ&サンズに興味を持つきっかけになった一冊です。

スタインウェイができるまで あるピアノの伝記

有名ピアニストたちに愛され続け、「神々の楽器」とも賞賛されるスタインウェイピアノ。その歴史に新たに加わろうとする、1台のコンサートグランドの製造過程から舞台デビューまでを描いた、迫真のドキュメント。

本当はまだ紹介したい本があるのですが、マニアックになりすぎますので残念ですが紹介はまたの機会にしようと思います!!
もし気になる方はぜひ藤岡までお声掛け下さい♪

次回テーマ
『ピアノに優しい環境作り~夏編~』をお送りいたします!!
是非ご覧ください
『ピアノ調律担当日記』 その12 ~ピアノに優しい環境作り~夏の巻~ - 島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ

以上藤岡でした!

調律担当日記のまとめはこちら!!
ピアノ調律担当日記 の検索結果 - 島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ

お問い合わせ先

店舗名 島村楽器 甲子園店
電話番号 0798-81-6651
担当者 藤岡

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。