ブラバン佐藤の音楽室~10日目・午後練~

こんにちは!!佐藤です!

午後練です!!!最近不定期更新になりつつあるこのブログ・・・すみません 汗
これからも見捨てずに宜しくお願い致します!!
さて、もう春ですね~お花見に行きたいですが、花粉。
飛んでおります。花粉症の方は花粉対策が大変ですよね・・・
因みに佐藤は花粉症ではないと思い込んでいます。
眼がかゆくなるし鼻もズルズルするけど、きっと気のせい。
・・・気のせいです!!

さて、恒例のマイナー楽器特集ですが、そろそろ紹介しつくしてきたような・・・と、思っていましたが!!
とあるスタッフより、「吹奏楽のパーカッションって謎な部分結構ありますよね?」と言われ、ハッ!!!!となりました。








と、いう事で今回は!パーカッション!!
打楽器のプロフェッショナル集団が奏でるパーカッションの代表的な楽器についてご紹介致します!!
※楽器は種類が多すぎるので一部代表的なものをご紹介します。

パーカッションとは

打ったり振ったり擦ったりして音を出す楽器の総称「打楽器」を指します。
吹奏楽では、管楽器以外の楽器は大体パーカッションパートが担当する傾向があります。
ピアノやハープもパーカッションパートが担当することが多いです。
※小編成の場合は管楽器パートの方が演奏の合間に担当することもあり
では、実際にどんな楽器を演奏するのかご紹介しましょう!
とは言ってもすべては無理なので、一部代表的なものをご紹介します。

◆スネアドラム

画像

Pearl CL1465SN/C¥123,984-(税込)
小学校などで小太鼓として見たことのある方も多いと思います!
よく、何かの結果発表などで流れるドゥルルルルルという音(ドラムロール)の正体がこのスネアドラムです!
クラシックが好きな方はラヴェル作曲ボレロを聴いていただくとスネアドラムのすごさがわかると思います!!曲の最初から最後までずっと同じリズムで叩き続けています・・・なんとその回数、4064回。すごいです・・・

◆バスドラム

画像

Pearl PBB3216¥130,356-(税込)
こちらは大太鼓として知っている方も多いと思います。応援団などで使用されていることもありますよ!!
吹奏楽では、マーチを演奏するときには欠かせない楽器の1つです!!
バスドラムのビートがないと物足りません・・・。

◆ティンパニ

画像

Pearl 85SS¥421,200-(税込)
Pearl 85S¥442,800-(税込)
Pearl 85M¥475,200-(税込)
Pearl 85L¥507,600-(税込)
Pearl 85LL¥550,800-(税込)

正確な音程が出せるので、複数組み合わせてメロディーを奏でることもできます!!また、画像のようなペダル式であれば叩きながらペダルを踏んで音を変化させるグリッサンド奏法も可能です。
管楽器奏者側として、曲の盛り上がりと共にティンパニの演奏も盛り上がってくると、とても演奏していて気持ちがいいです!

◆シロフォン

画像

YAMAHA YX-320¥334,800-(税込)
小学校の音楽室とかに置いてある木琴は、だいたいこのシロフォン。(例外もあり)
木製の音板がピアノの鍵盤と同じ配列で作られていて、鍵盤打楽器という分類になります。はっきりくっきりした目立つ音色です。ちなみに、音板が欠けたり割れたりすると音程が狂ってしまいます・・・!!!

◆マリンバ

画像

YAMAHA YM-410F¥442,800-(税込)
こちらも木琴。iPhoneの着信音でおなじみ。シロフォン同様、鍵盤打楽器に分類されますが、シロフォンよりも音板が分厚く幅も広く作られおり、深みのある柔らかい音色です。

◆グロッケンシュピール

画像

YAMAHA YG-1210¥162,000-(税込)
こちらは鉄琴。金属製の音板をもつ。鉄琴も鍵盤打楽器に分類されます。
金属製音板を使用した打楽器の中で、最も硬い材料の鉄材が音板に使用されています。最も高い音域を担当しており、画像のように共鳴箱と呼ばれるケースに入ったままか、共鳴管に乗せて演奏されます。

◆ビブラフォン

画像

YAMAHA YV-1605J¥464,400-(税込)
こちらも鉄琴。比較的新しい楽器で、共鳴管の上にファンが回っていて、そのファンによって速度調整の可能なビブラートが生まれ、ビブラフォン独特の甘い音色が出ます。また、ペダル操作で音を伸ばす事(ロングトーン)が可能
ちなみに、小学校とかにある鉄琴はビブラフォンではなく、メタロフォンという別の楽器の場合が多く、メタロフォンはビブラート機能はありません

◆合わせシンバル

画像

Zildjian A18/COSML¥36,936-(税込)
曲の盛り上がるシーンでよく目にするシンバル。2枚1組の金属製の円盤を打鳴らす打楽器。円盤同士を並行にしたまま合わせるように打つと、空気が入ってしまいボフッという音がなってしまう・・・。美しく響かせるには技術が必要なのです!
ちなみに、シンバル奏者はオーケストラで1曲のうち1度しかシンバルを叩かないとしても常に演奏しているヴァイオリン奏者と同じ出演料が支払われます。(拘束時間が同じなので)
失敗の許されない、一撃に命をかける。それがシンバル奏者なのです!!

◆サスペンデッドシンバル

画像

Zildjian コンスタンチノープルS18¥50,544-(税込)
私は学生時代サスシンと呼んでいました(笑)。専用スタンドにシンバルを1枚吊り下げてマレットと呼ばれるバチで叩いて演奏する。クレッシェンド(音を徐々に大きくする奏法)がとても美しく、個人的にサスシンのクレッシェンドを聞くとテンションが上がります(笑)。

パーカッションの活躍する曲たち

◆吹奏楽曲
宝島
原曲:T-SQUARE(日本)/吹奏楽編曲:真島俊夫(日本)
吹奏楽ファンにとってはかなり定番曲だと思います!管楽器も目立つ箇所はたくさんありますが、パーカッションの楽し気なリズムが聞き手をワクワクさせる曲です!原曲のT-SQUAREさんの宝島も素晴らしいので是非、聴いてみてください♪

◆オーケストラ曲
序曲「1812年」
作曲者:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(ロシア)
この曲の終盤には、楽譜上に鐘(教会とかにある鐘)や大砲と載っていてかなり派手なクライマックスを迎えます。
学生時代に吹奏楽に編曲されたこの曲を演奏しましたが、さすがに本物の鐘や大砲を使うわけにはいかないので(笑)、鐘はチューブラベル(のど自慢大会の採点に使用されているベル)を大砲はバスドラムを代用として使用しました。
吹奏楽編成でも、自衛隊の演奏時は大砲(祝砲)を使用していたりもしますよ!

さてさて、パーカッションについて少しでも理解が深まったでしょうか・・・?
演奏会などに行かれる機会があれば是非、注目して聴いてみてください!!

ではでは、今回はこの辺で!
次回11日目の朝練にてお会いしましょう!!
お疲れ様でした!!

ブラバン佐藤の音楽室の他の記事はコチラ↓↓↓

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。