ブラバン佐藤の音楽室~4日目・朝練~

おはようございます!!佐藤です!
梅雨がやってきましたね・・・雨・・・湿気・・・そう、我々の敵、
S H I K K E ・・・!!!

今回は梅雨などの湿気対策についてご紹介します!

楽器が湿気てしまうとどうなるのか・・・?

木管楽器
管体が木製の楽器は湿気を吸って木が膨張しジョイントがかたくなります。
組み立ての時になんか何時もよりうまくジョイントが入らない・・・
練習後ケースにしまおうとしたらジョイントが抜けない・・・!!!
なんて事が起こります。
因みに、ジョイントが抜けないからといって力任せに握って抜こうとすると
キィが変形してしまうので、
抜けなくなったらお近くの管楽器リペアマンまで持ち込んで抜いてもらいましょう!

管体が金属製の楽器も油断してはいけません!!
クリーニングペーパーのかけ方が悪かったり、サボったりしているとタンポにカビが生えます!
また、金属の管体にもカビは生えます!!
毎日のお手入が不十分だと1年中カビの生える可能性はありますが、梅雨の時期は特にカビが生えやすいので危険です・・・

金管楽器
木管楽器は大変だなー
なんて思っている金管楽器奏者さん!!金管も湿気対策は必要ですからね!?
練習が終わった後に、ウォーターキーでつば抜きしただけでケースにしまったりしてないですよね・・・?
しっかり管体の水分を取らずにいると、ケース内の湿度は急上昇!
管体内部に緑青(青さび)、カビ、ヘドロなどが発生しやすくなり、それらが発生すれば演奏に支障が出てしまいます。

湿気対策にはこれ!!

①こまめにスワブを通す
合奏中も他の楽器が演奏している間にササッと通して下さいね!
②湿度調整剤をケースに入れる。
◆湿度調整剤とは・・・湿気が多いときは湿気を吸い、少ないときは吐き出してくれる優れもの!
商品としては下記のものがあります!参考にどうぞ♪
・モイスレガート
↳楽器ケース内の湿度を、開封時より約2年間40~60%に保ちます。

画像

・ドライキーパー
↳効果は半年持続。消臭効果もあり。

画像

さてさて、いかがでしたか?
たかが湿気、されど湿気。
ちょっとの気遣いで楽器のコンディションは良くなります!
コンディションの良い楽器だと演奏も気持ちよくできます!
自分の相棒楽器のためにも、自分のためにも管理はしっかりしておきたいですね!

ではでは、今回はこの辺で!
次回4日目の午後練にてお会いしましょう!!
お疲れ様でした!!

ブラバン佐藤の音楽室の他の記事はコチラ↓↓↓

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。