ブラバン佐藤の音楽室~1日目・午後練~

こんにちはーー!!
管楽器担当:佐藤です!!
早くも午後練始まりますよ~
午後練は楽器についての回なので、
今回はフェアも間近!!
Chateau (シャトー)サックスについてです!
サトーがシャトーについて喋ります。





はい!
ということで、早速行きましょう♪

Chateauサックスとは

画像
近年、人気上昇中の注目ブランド。台湾に本社を構え、工場はベトナムというアジアンメーカーです!!
Chateauといえば、
ハンドメイド92シリーズ!

画像
こちらは、工場内の限られた職人さんが最初から最後まで1人で全行程を行っており、
他メーカーのグレードの高いモデル同様に作られています。
管体の彫刻もフランス彫りという工法
(マイナスドライバーのような彫刻刀を左右にジグザグと1つ1つ模様を彫る工法)
手彫りしています

皆様も、学校で美術の時間に彫刻刀を使用したことがあるかと思いますが、すんんんごい難しいですよね・・・彫刻刀。
それをあんな朝顔形の金属に美しく彫るなんて流石としか言いようがありません!

最近はレーザーで彫刻を施してあるものもありますが、手彫りは職人さんの魂が宿っているようで、いいですよね!!

また、92シリーズの”92”素材の92%が銅のレッドブラスというブラス材を管体に使用しているため
92シリーズと呼ばれているのです!

一般的なサックスは銅:70%、亜鉛:30%の割合で作られたブラス材を使用しています。

そして!JAZZ雑誌などでよく見かける

CAS-H92L
画像

こちらの機種ですが、通常のジャズプレイもさることながら、
一番実力を発揮するのはPAなどの音響機器を使用した時との事!
マイク乗りが良く、強く吹き込んだ時もサウンドコントロールがしやすいので
PAオペレーターさんも音作りしやすいようです。

最近は管楽器もマイクで音を拾う環境が当たり前になってきているので、
こういった機種はありがたいかもしれないですね!

さて、Chateauサックスについて語りましたが、いかがでしたでしょうか?
実際に見てみたい方もいらっしゃるかと思います。
安心してください!!

フェアが開催されますよ!!!

3/17(金)~3/20(月・祝)
小倉管楽器フェア開催!!

シャトーサックスももちろんあります♪
是非、遊びに来てください!!

↓↓↓詳細はコチラ↓↓↓
小倉リバーウォーク店 店舗情報-島村楽器

それでは、次回2日目の朝錬にてお会いしましょう!!
お疲れ様でした!!

ブラバン佐藤の音楽室の他の記事はコチラ↓↓↓

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。