あなたのエフェクターボード、、、リニューアルしませんか?Vol.13~あなたのエフェクターボード製作録 Loop7~

画像

ギターリストの皆さん!
エフェクター踏んでますか?

画像
昼は営業マン、夜は画面の中で斧やチェーンソーを持った人から逃げている坂本です。

今回はお客様のエフェクターボードを組み上げさせていただきました!!

こちらがお客様がお持ちになったエフェクターボードです。
画像

こちらのエフェクターボードで、、、

■MIDIでのアンプ制御
■新たなスイッチャーの導入
■レイアウト変更

を行っていきます。

お客様の希望でMIDIを使ってアンプのチャンネルの切り替えを行います!
MIDI対応のスイッチャーを組み込むことで、アンプのチャンネルを足元で切り替えれるよう機材もチョイス。

早速使用した機材をご紹介!!

機材リスト

One Control

Crocodile Tail Loop

画像

型名 価格(込) 商品名
Crocodile Tail Loop ¥65,880 スイッチャー

今回の組み込みのメイン機器!
7個のループと3つのセパレートループ、合計10個のエフェクターを切り替えが可能なプログラムスイッチャー!
筐体はOne Controlらしいアルミの削り出しになっており、ノイズにも強い作りになっています。
MIDI機能も搭載しており、今回のエフェクターボードにぴったしの機種です!

Minimal Junction Box 4M

画像

型名 価格(込) 商品名
Minimal Junction Box 4M ¥6,480 ジャンクションボックス

シールドを繋ぐフォンジャックが4つあり、ギターIN/アンプOUTやアンプのSEND/RETURNを1か所にまとめることが出来るジャンクションボックス。
こちらの機種はMIDIジャックもついているので、わざわざスイッチャーにMIDIを繋がず、ジャンクションボックスに繋ぐことで、準備を格段に短縮できます!

Free the tone

PT-1D

画像

型名 価格(込) 商品名
PT-1D ¥24,840 パワーサプライ

ノイズが気になるということで、一緒にご購入頂きました。(ありがとうございます!)
市販のタコ足とAC/DC StationⅣをメインに組み込まれていたのですが、
電源のコンパクト化とノイズ除去を図り、一新させて頂きました。

作業開始!

珍しく一人での作業ではなく、お客様と二人三脚で作業を行いました!

クリーニング

まずはすべてのエフェクターを取り除きクリーニング
画像
汚れはガムテープで念入りに除去!

レイアウトとDCケーブル

画像
レイアウトで気にかけたのは、
スイッチが2つある機種はできるだけ右手前にしてあります。
写真ではつけていませんが、後ほどお客様特製の底上げ台をFree the tone TRI AVATAR TA-1Hに付ける予定です。
中央のパワーサプライ下を開けた理由は、アダプターの余りのDCケーブルをまとめる空間が欲しかったので、
あえて開けてあります。
また、エフェクター同士が触れ合っているとノイズの基になるので、
気になる箇所は絶縁テープでノイズ対策をしています。
画像
DCジャック系統は、PT-1Dのローノイズ・スタンダード出力端子にアナログエフェクターを、
ハイカレント出力端子に出力の少ないデジタルエフェクターを、
最後にアダプターで駆動させる大容量のデジタルエフェクターをコンセント挿ししていきます。

DCケーブルの配線

DCケーブルの配線は極力シールドとは隣り合わせにならないよう、通り道を変えてあります。
またDCケーブルの「輪」が大きくならないよう内側へ内側へ入れるよう配線を心掛けました。
小さなことかもしれないですけど、後々ノイズに関わる部分なので、気は抜きません!

ここで問題が!

DCケーブルを結線する際にどのエフェクターがアナログなのかデジタルなのか調べていたのですが、
デジタルエフェクターの数が多く、ジャックの数が足りなくなってしまいました!

アナログ・デジタル機種別表

アナログエフェクター(ジャック数 6つ) デジタルエフェクター(ジャック数 2つ) コンセント挿しデジタルエフェクター(コンセント口 3つ)
One control Lemon Yellow Compressor,Shur Eclipse,MXR 5150overdrive BUDDA Samsara Delay,TC Electronic HOF mini,TC Electronic FlashBack mini,Ibanez Big mini(チューナー) One Control Crocodile Tail Loop,Free the tone TRI AVATAR TA-1H,MXR 10 Band EQ(18Vの為)

デジタルエフェクターが2つ入らない状態です。
比較的消費電力が少ないチューナー辺りをローノイズ・スタンダード出力端子に繋ぐか、、
等と考えた結果!!

消費電力が少ない3機種をこの3股DCケーブルで繋ぎ合わせました。
画像
勿論、消費電力は計算して300mA以内(300mAギリギリだと良くないので実際は230mA)にしてあります。
機種によってですが、デジタルエフェクターをアナログエフェクターと混ぜずに一つのDCケーブルで配線することによってノイズを減らすことも可能です。(勿論1本ずつの方がいいです!)

パッチケーブル作成

いよいよパッチケーブルを作っていきます。
ケーブルはFree the toneのソルダーレスケーブル!
ノイズにも強く、完成後の見た目もまとまって見えます!

Free the tone ソルダーレスケーブル

画像

メーカー 型名 売価(税込)
Free the tone SLK-SL-55 ¥10.314

このソルダーレスケーブルを作るときにあると便利なのが、
導通チェッカーです。
画像
これがあればパッチケーブル作成時の不具合がすぐにわかり、作業も早くなります!(ボード完成後に音が鳴るとは言っていない)

今回は2人なので作業もあっという間に終了しました!
画像
画像
画像

最後に音を確認し、結束バンドでパッチケーブルを固定したら完成です!
画像
画像

MIDI設定

ギタリストのみなさん
「MIDI」は好きですか?
正直、自分は苦手です笑
なかなか使う機会も無いので、今回も設定に戸惑いながら作業を行いました。

ちなみに今回MIDI制御するアンプはこちら!
画像
設定自体はアンプのチャンネルを切り替えるだけですので、
♯PC(プログラムチェンジ)を使った単純なものなのですが、、

まずスイッチャーとアンプの説明書が無い!
これが無いとMIDIの設定はできません(自分は、)
無事ネットやお客様の車から説明書を持ってきて頂きました。

ですが、
説明ページが少なすぎる!
ページ数4ページとかどうなってるんだよ!!
と思いつつも無事セッティング完了!
画像

最後にMIDIケーブルをジャンクションボックスに組み込み無事完成!
画像

エフェクターボード

画像

Input

One Control:Minimal Junction Box 4M「1」

One Control:Crocodile Tail Loop Buff in

One Control:Crocodile Tail Loop Buff out

One Control:Crocodile Tail Loop input
Loop1 One Control:Lemon Yellow Compressor
Loop2 Shur:Eclipse
Loop3 MXR:5150 OVERDRIVE
Loop4 MXR:10 BAND EQ
Loop5 Free the tone:TRI AVATAR TA-1H
Loop6 BUDDA:Samsara Delay
Loop7 TC Electronic:Flashback mini
Loop8 TC Electronic:HOF mini
TUNER OUT Ibanez:Big mini

One Control:Minimal Junction Box 4M「2」
↓ 
Output

MIDI
One Control:Crocodile Tail Loop MIDI out

One Control:Minimal Junction Box 4M「MIDI IN/OUT」

AMP MIDI IN

パワーサプライ・・・Free the tone:PT-1D
パッチケーブル・・・Free the tone:SOLDERLESS CABLE

実は2日間に分けてお客様とボードを製作しておりました。
両日とも閉店間際までありがとうございました。

これからは踏み倒して使っていって下さい!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 イオンモール甲府昭和店
エフェクター担当 坂本
電話番号 055-269-5207

お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット

代引きでの着払いも可能です

代引き着払いでのお支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。
商品代金+代引き手数料+送料=合計金額
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

  • 離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。