あなたのエフェクターボード、、、リニューアルしませんか?Vol.11~あなたのエフェクターボード製作録 Loop6~

画像

ギターリストの皆さん!
エフェクター踏んでますか?

画像
7月に入り、甲府の最高気温は35℃を超え、バテ気味な坂本です。
8月ごろには、あと5℃近く気温が上がるなんて考えたくないですね、、

今回は久しぶりにお客様のエフェクターボードの投稿です!
ベース担当伊藤が半年近く前から、お客様と打合せを重ね、
遂に最終形態になったということで、部外者ながら撮影をさせてもらいました!

エフェクターボード

画像

Input

BOSS:ES-5
Loop1 CAROLINE:SHIGEHARU
Loop2 Ovaltone:GD-013 Ver.2
Loop3 Crews Maniac Sound:QUADRIVE
Loop4 Crews Maniac Sound:GENIUS OVERDRIVE
Loop5 Crews Maniac Sound:SPREADER
TUNER OUT KORG:Pitchblack mini

Strymon:TIMELINE
↓ 
Output

エフェクターケース・・・ARMOA:PS-2C
パワーサプライ・・・Crews Maniac Sound:DC-TRAIN×2
パッチケーブル・・・Free the tone:SOLDERLESS CABLE

お客様曰く「好きなエフェクターを詰め込んだ」とのこと
まさに理想のボードですね!!

ギターからはBOSSのスイッチャー「ES-5」に入り、各エフェクターをコントロールをしています。

Loop1 CAROLINE SHIGEHARU

Loop1にはアメリカ・サウスカロライナ州のエフェクターメーカー「CAROLINE」のファズ「SHIGEHARU」が搭載!
画像
日本語版のコロンビアで話題になった機種ですね!
実はこの機種、日本限定30台のみ販売の限定モデル!!
特徴的なのはロシア製ゲルマニウムトランジスタが使われている点ですね
ロシア製、筐体のカラーからロシアンマフモデルということが分かります!
ファズはバッファのありなしで大きく音色が変わる機種でもあります。
「ES-5」はチャンネルごとにバッファの切り替えが出来るので、
今回のセッティングではファズ前段のバッファのON/OFFも気になるところですね
画像
このエフェクターは「Pedalriser」で底上げがされ、配線もきれいにまとめられています!

Loop2 Ovaltone GD-013 ver.2

Loop2には先日ホームページでもご紹介した「Ovaltone GD-013 ver.2」が!!
画像

この機種を組み込んだことにより、一先ずエフェクターボードの完成だとか
初めて弾いたお客様もとても満足そうでした!!

Loop3 Crews Maniac Sound QUADRIVE

Loop3,4,5には「Crews Maniac Sound」の機種がズラリと並べられお客様のこだわりが分かるセレクトになっています!
Loop3にはプリアンプの「QUADRIVE」
画像
オペアンプが4つ使われていることからこの名前が付けられたとか
とてもアンプライクな歪みのエフェクターなので、オーバードライブ/ディストーションとしてはもちろん、プリアンプとしても活躍する機種です!
今回のセッティングではどういう使い方にしているのかとても興味があります!
もしかしたら「ES-5」のルーティング機能(繋ぎ順を変える機能)を使って、
チャンネルごとにプリアンプのセッティング、またはオーバードライブのセッティングを切り替えているのかな?
そんな妄想に耽るマニア坂本です。

Loop4 Crews Maniac Sound G.O.D

つづいてLoop4は「QUADRIVE」とも比較されることが多いハイゲインペダル「G.O.D」
画像
既に生産完了しているモデルで、今では手に入れることが少々難しい機種
個人的にハイゲインな印象がある機種です。
「QUADRIVE」との使い分けが気になりますね!

Loop5 Crews Maniac Sound SPREADER

Loop5には初期型の「SPREADER」!
画像
200台限定のレアモデル!
アナログコーラスなのですが、
本器の特徴は2種類のチャンネルをそれぞれ操作出来、音色を混ぜることが出来る点です。
幅広いサウンドメイクが出来、オリジナリティー溢れるサウンドが魅力的です!

Strymon TIMELINE

「ES-5」を出た後は「Strymon TIMELINE」に接続
画像
プロの現場でも使われるディレイの定番ハイエンドモデル!
「ES-5」の機能をフルに使ったMIDI操作によって、音色を自由にチェンジ出来るよう組み込まれています!
画像

パワーサプライ Crews Maniac Sound DC-TRAIN

最後に忘れてはならないのが
縁の下の力持ち、パワーサプライ「Crews Maniac Sound DC-TRAIN」
画像
2台をリンクすることにより、アナログとデジタルエフェクターを別々のパワーサプライで電力供給することができます!
さらに「QUADRIVE」、「G.O.D」は15Vの電力が必要なので、通常のパワーサプライでは駆動させることが出来ませんが、
この「DC-TRAIN」は15VのDCアウトも兼ね備えているので、今回のボードにぴったりの機種だと思います!!

画像

これからは踏み倒して使っていって下さい!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。