あなたのエフェクターボード、、、リニューアルしませんか?Vol.5~あなたのエフェクターボード製作録 Loop5~

画像

ギターリストの皆さん!
エフェクター踏んでますか?

今年はホクホクなバレンタインだったエフェクター担当坂本です。

画像

今回作成させてもらったのは県外からお越しの、とあるお客様のボードです!

まずは持ち込んで頂いたエフェクターボードをご覧下さい!
画像
パッチケーブルと2CHのスイッチャーが元々は付いていたのですが、
この画像は取り外した後の状態になります!
今回もなかなかROCK!!←?な感じのエフェクターボードですね

今回のご要望は、
■スイッチャーの導入
■配線のソルダーレス化
■追加機材の導入
■すべての機材をエフェクターボード内に収納

です!

使用記事リスト

新たに購入して頂いたのは

CAJ

画像

メーカー 型名 売価(税込)
CAJ Loop and link Ⅱ ¥33,156

プログラム機能付きのスイッチャーです。
今回は計5つのエフェクターを組み込むので、
5LOOPついているこちらの機種を選択!

One Control

画像

メーカー 型名 売価(税込)
One Control Little Copper Chorus ¥13,824

国産エフェクターブランドOne Controlのコーラスです。
3ノブのシンプルな構造ながら、可変の幅は広く、
とても暖かみがあるサウンドが特徴の1台です。

Free The Tone

画像

メーカー 型名 売価(税込)
Free The Tone VT-1H 50cm ¥540

熱にも強いプロの現場にも使われる安心のマジックテープです。
安物だと移動中に剝がれてしまうので、頑丈なタイプの物を使います!

画像

メーカー 型名 売価(税込)
Free the tone SLK-SL-55 ¥10.314

今回も!!
好きな長さにケーブルを切って接続が出来るパッチケーブル!
半田付けも必要なく、サウンドも最高の1本です!

ケース、パワーサプライは持ち込んだ機材を使用して取り付けを致します。

お預かりした日は忙しく、
作成は次の日に持ち越ししました。

次の日

意気揚々とお預かりしたエフェクターボードを開けると、、、
画像
入れておいたエフェクターの重みでマジックテープが剝がれていました。
価格にもよりますが、
雌のマジックテープが前面に張られているタイプは長年使っているとこのような形で剝がれてしまうんですよね。

画像
画像
応急処置ですが一度剥がして木工用ボンドで修正します!!

画像
勿論、隅の剥がれも接着!

☆ワンポイント

雌マジックテープは汚れで接着強度が落ちてくるので、テープなどで汚れを取り除いてあげましょう!
画像

それではレイアウトを考えていきます。
画像
これでバッチリ!

ではないのです!

入らないのです、、
チューナーが!
画像
お持ちいただいてチューナーなのですが、
元々はラックタイプのチューナーなので、
マジックテープで取り付けが出来るようには設計がされていないのです。
面積を取るだけでなく、裏面にはサブのInput、Outputがあり、ジャックのせいでマジックテープで固定も出来ません。

レイアウトも電源をズラすと歪みエフェクターの幅が取れず
チューナーと電源の置き所に悩み、自分の中でOKが出ません。
格闘する事数十分、、
結局ボンドを乾かすためという事で、続きは次の日に作成することになりました。

また次の日

夜、夢に出るくらい(本当です)
考え込んだレイアウトは
このようになりました!
画像

なんてことのない配置なんですけど
ここに来るまでとてつもなく苦労しました。

後はDCケーブルとパッチケーブルを配線し、
タイラップで止めて、、
画像
完成!

部分部分がキツキツになってしまったので、
プラグとエフェクターがぶつかりそうな場所は絶縁テープでぶつからないよう保護してあります。
画像
問題のチューナーは高さを付けてマジックテープで止めてあります。
製作の初めは不安な部分がいくつもあったのですが、何とかなって一安心です。
今夜はグッスリ眠れそうです、、、、

眠れないのです。

夜になって、
試奏した際のノイズの量が気になり始め、
パワーサプライの位置とDCケーブルの配線を見直す事にしました。、

翌日

折角結んだタイラップも外して、歪みエフェクターとパワーサプライの位置を逆にしました。
画像
その過程でパッチケーブルから遠ざけるようにDCケーブルも配線し直しました。
これで電源からくるノイズは以前よりのらなくなったと思います!

Input

Line6:Relay G30

CAJ:Loop and link Ⅱ
Loop1 PLAYTECH:PTHM
Loop2 Rowin:BOOSTER
Loop3 PLAYTECH:PTEQ
Loop4 One Control:Little cooper chours
Loop5 PLAYTECH:PTDD

EXT OUTKORG:PitchBlack Pro

Output

パッチケーブル・・・Free the tone:SOLDERLESS CABLE

いつもは1日で終わる作業も、
構想、機材のセッティング含めて3日以上かかってしまいました。

その甲斐あってライブでも十分使えるものが出来たと思います!
これからもどんどん踏み込んでいって下さい!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。