【軽音部】部室でやっちゃいけないことあるある教えます~吉川のちょっとマニアックなエレクトリック小話~【スタッフブログ】

こんにちは、アンプ・シンセ・DJ担当の吉川です。

もうすぐ春がやってきますね。

私は春になったところで代り映えのない日々を送るでしょうから、あまりワクワクしていません。ながらく彼女もいません。
大変落ち着いた気持ちで一日を過ごしています。

そんな冷静な私ですが、「よっしゃ、進学したら軽音はいってモテまくろう」とワクワクしている皆さまが浮足立って 部室でやっちゃいけないこと をしてしまい、部活の先輩に怒られてしまうという過去の私みたいなことにならないよう注意ポイントをお教えしておこうと思います。

では、心して聞いてください

部室でやっちゃいけないこと

①部室にあるよくわからない機材を好奇心にまかせて触る

画像
沢山ツマミの付いたミキサー(「卓」と呼ばれることが多いです)を適当に触ってしまうと、音が出なくなったり、キーンとノイズがなったり、ものすごい爆音が出たりと、危ないことが多いです。部屋に合わせて細かく調整されている場合もあるので、最初は先輩から教わった範囲だけを触るようにしましょう。
また、他人のエフェクターボード(大金が入っていそうな黒いケース)や楽器を触るのもよくないです。高価なものだったり、替えの効かない希少なものだったりすることもあるので、少し傷をつけてしまうだけでおおごとになってしまいます。
その他、「スコアブック」「世代古めの漫画」「えらくくたびれた教科書」などが置いてあることもありますが、これらが気になる場合も先輩に一声かけるようにした方がいいです。

②アンプの「Power」を付けてすぐに「Standby」をONにする

画像
はやる気持ちはわかりますが、これをしてしまってはいけません。
真空管アンプは名前通り「真空管」を使って音を増幅するアナログな構造を持っているのですが、ここが十分に暖まらず、通電されていない状態で音を出そうとするとパーツが傷んでしまうのです。
寒い朝、寝起きでいきなり全力疾走すると脚を痛めてしまうのと同じようなことが起こるわけですね。
・「Power」を入れるとウォーミングアップが始まるので、それから最低でも30秒。余裕があれば2~3分待ってから「Standby」をONにしましょう。
*あらかじめ「Power」をONにしてからギターやエフェクターの接続、ボーカルマイクのセッティング、ドラムやシンセ・キーボードをセッティングするお手伝いなんかをして、最後に「Standby」を入れるとちょうどいいですね。

真空管アンプについてはこちらの記事もどうぞ

③アンプのツマミ(特にボリュームツマミ)が0になっていないのにON/OFFをする&シールドの抜き差しをする。

画像
ボリュームがMAXにでもなった状態でいきなりスイッチを入れるのは、スピーカーにとっては背後からいきなり全力で押されるようなものです。人を押すときは「今から押しますよ」と伝えてから徐々に力を入れて押すようにしましょう。
またシールドの抜きさしですが、その時にでるノイズ音はギターやベースからくるサウンドに比べるとすごく大きいです。そのため、アンプが音を出せる状態でそれをすると雷のような音が轟いてしまいます。みんなものすごい真顔で「え?」とこちらをみてきますし、自分も「ぁ、ご、ごめん」となります。冷たい罪悪感で胸を満たすことになります。
それに加えてアンプもダメージを受けてしまうので「Standby」をOFF、あるいは電源をOFFにした状態で抜きさしするようにしましょう。

④エフェクターのボリュームツマミが振り切ったままでON

画像
これもなかなか怖いです。特に歪み系のペダルでは、サウンドチェックをするときにボリュームツマミの位置を気にせず何気なくポンと踏むと、意図しない爆音を鳴らしてしまうことがあります。これもボリュームを0の状態にしてからスイッチを入れ、後からちょうどいいレベルまで上げる方がいいです。
またパンク・ハードコア精神を持つ肝の据わった人はこれを何気なくやっていたりもしますが(ツマミを気にせずとりあえず踏んで、爆音であっても動じず無言でボリュームを下げるパターン)、周りの部員もハートが強いとは限らないので気を配るようにした方が良いですね。

⑤バンド練習の時間に個人練習

画像
部員の「あー、やばい、この曲全然覚えてないわ。明日出来ないと思う・・・ごめん(笑)」を鵜吞みにしてはいけません。そんなものかと思い自分もたいして練習せずにいくと、ただ苦笑いしながら棒立ちするという苦しい時間を過ごすことになります。その間、騙してきたアイツは余裕な顔して楽しそうにセッションしています。ムカつきます。
でも悪いのは自分です・・・せめて迷惑かけないようアンプを通さず個人練習しようとしても、音が聞こえなくて練習になりません。一回目の練習までに一通りとおせるようにしておきましょう。その方がすごく楽しい時間をすごせます。
ちなみに、あらかじめ音作りまでしっかりできていると完璧ですね!

最後に

以上のことに気を付ければ大丈夫かと思います。そして余裕があれば、ここで身に付けた知識を部活の気になる人にもこっそり教えてあげてください。きっと連絡先を交換できます。
それでは素晴らしい新生活をお送りください!

これからギターを始める方にオススメの記事です↓↓↓

2017年12月24日更新(作曲サークルのご案内)

2017年10月4日更新(【アンプ】ベースアンプセール品のご案内)

2017年9月19日更新(【アンプ】ギターアンプセール品のご案内)

スタッフ吉川の過去ブログはこちら↓
【スタッフブログ】JC-40で'68 CUSTOM PRINCETON REVERBの音を出す!~吉川のちょっとマニアックなエレクトリック小話~ - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
【スタッフブログ】~JC22とJC120をブラインドテストする編~吉川のちょっとマニアックなエレクトリック小話 - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
【スタッフブログ】~シンセ曲をいろいろ聞いてみる編~吉川のちょっとマニアックなエレクトリック小話 - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

当店スタッフブログのオススメ記事はこちら↓
【今年はWEBエントリー可能!】アコパラ2018絶賛受付中!~アコパラってどんなイベント?担当田中がお答え致します!!~ - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
【お知らせ】ビギナーズ倶楽部セミナー♪2018年1~3月開催日程のお知らせ - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ
録れコン2018 スタート!録音作品募集中! - 島村楽器 イオンモール神戸北店 シマブロ

お問い合わせ

ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください!

店舗 神戸北店
電話番号 078-983-3921
担当 吉川

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。