【山崎の徒然日記】スコット・ジョプリンが没後100年らしい【不定期】

皆さまこんにちは!ピアノインストラクター山崎です!

早速ですがこちらの曲をお聴きください。

一度は耳にしたことがありますよね?
聴きながらウィスキー飲みたくなります。

アメリカ生まれの作曲家、スコット・ジョプリンの『 The Entertainer 』という曲です。

今年2017年は作曲者の没後100年にあたります。

ということで、今回はジョプリンと彼の作品についてご紹介いたします。

画像

スコット・ジョプリン(Scott Joplin) 1868-1917 アメリカ・テキサス州生まれの作曲家。

ジョプリンが主に作曲していた音楽ジャンルがラグタイムだったということで、ラグタイム王と呼ばれているそうです。

ラグタイムとは…1890年ごろから1918年前後、第一次世界大戦ごろにアメリカで流行した音楽です。
黒人によって生み出された音楽様式で、アフリカをルーツとするシンコペーションのリズムと西洋の2拍子系の舞曲を
ミックスしたものだと考えられています。

ragged(ずれた・ほころびのある) time(時間・拍子)が略されてRagtimeと呼ばれるようになったとする説もあるそうです。

陽気ながらノスタルジック、メランコリーな雰囲気が大衆音楽としての人気を確かなものにしていました。
旋律が拍子を先取りする独特なリズムのラグタイムは大戦後衰退していきますが、後のジャズやポピュラー音楽に多大なる影響を与えました。

画像

そんな中で1902年に発表されたエンターテイナーですが、有名になるのは1970年代。
アカデミー賞受賞作映画『スティング』で使用されたことにより世界的に流行し、ラグタイム復興という大役を担うことになります。

ジャズも良いですが、ジョプリンのラグタイムも懐かしい雰囲気でとても洒落た音楽です。
エンターテイナーの他にオススメなものは『メイプルリーフ・ラグ』『オリジナル・ラグ』の2曲です。

他にも素晴らしい作品が多々ありますので、お気に入りの曲を探してみてください。

そしてグラス片手にラグタイムを弾いてみませんか?
当店にも楽譜の在庫ございます。
画像
ジョプリン ラグタイム全集 ¥2,600(税抜き)

お問い合わせはピアノインストラクター山崎まで
画像

店舗名 島村楽器 イオンモール神戸北店
電話番号 078-983-3921
営業時間 9:00~21:00
担当 山崎(やまさき)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。