お客さんにレアな物を見せて貰った話

こんにちは!島村楽器神戸北店の堀です!

今回は、いつも沢山の商品をご購入頂いているお客様に、とてもレアな物を見せて頂いたお話をしたいと思います。

毎回わざわざ京都府の福知山からお越し頂いてるお客様なのですが、たくさんの古くからの楽器を今も大切に保管されているそうで、
機材大好きな私はいつもお話を聞いてテンションあげっぱなしでした(笑)

そこで、なんと、K.Yairiのアコースティックギターをご購入頂くついで(!)にわざわざレアな代物をお持ち頂きました!

こちらです↓
画像
画像

Roland SPACE ECHO RE-101

1974年にRolandから発売されたアナログのテープエコーです。
Rolandが独立したのが、1972年なので、本当に独立直後の製品ですね!
もちろん裏にはMade in Japanの文字が!

画像

この時点で既にテンションMAX!!!
島村楽器の売場に響く私の奇声!(謝罪)

既にMAXの私のテンションメーターですが、電源を入れた次の瞬間、
私のテンションメーターは破壊されました。

テープ回っとるぅううう!!

画像
画像
画像

動画で紹介できないのと、私のカメラワークの下手さで
動いている感が伝わらないのがとても悔しいですが、
カバーの中でテープがぐにょんぐにょん動いて回ってます。

このテープで録音して、同時に再生する事でエコーがかかる!

このアナログな感じ!たまりません!

ギターを刺して、アンプに繋いでみました。

お、おぉ・・・!

デジタルディレイで慣れている私にはかかり具合に逆に違和感を感じましたが、なんとも温かみのある音でした。

それにしても30年も前の機材がまだ問題なく使えるなんて・・・。
さすがはRolandというところでしょうか。

今回は貴重な体験をさせて頂きましたので思わず記事にしてしまいました。

それでは!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。