【やりたい曲が複数あって悩むとき、どうする?】「カジラジオ」第5号 ~ピアノインストラクター・梶通信~ 

皆様こんにちは!

本格的に梅雨が近づいてきましたね。

雨が降っているとレッスンにお越しいただくのも大変かと思いますが、そんな中でもレッスンにお通いいただき、大変感謝の気持ちを感じております。

今回は、「カジラジオ」の記念すべき5回目です!

だからと言って特別な内容を書く訳ではありませんが、最近ピアノを弾いていてよく考える事を書いていこうと思います。


やりたい曲の選曲について

皆様は、これから新しい曲を始めるときに、「曲の候補がありすぎて悩む!」ということはありませんか?

私は大学院を卒業して、ピアノ実技試験の課題曲などにとらわれず、自分の好きな曲に日々取り組んでいるのですが、

最近は「ベートーヴェンソナタとシューマンの謝肉祭、どっちの曲をやろうか…」とものすごく悩んでいました。

「ベートーヴェンソナタは基礎的なテクニックが身につきそうだし、ベートーヴェンを先にやった方が勉強になりそうだな。でも謝肉祭は最近ハマっている曲だし、こっちの方が弾きたいな~!どっちから先にやったらいいんだろう…」というような具合にです。



私が考えた結論として、そんな時は「両方一度にやってみる」のが良いと思います!

気になっている曲を自分がどんな風に弾けるのかは、実際に取り組んでみて初めてわかることが沢山あると思います。

実際に取り組んでみると、難しそうだと思った曲が思ったより簡単に感じるかもしれません。またはその逆もあるかもしれません。

「この曲は思ったより難しそうだな」と感じてから、曲を1つに絞っても遅くないです!



そして何より、「より多くの曲にチャレンジする」というのは楽譜を読む力のアップに繋がるので、ソルフェージュインストラクターとして是非オススメしたいです!

ソルフェージュとは?

沢山の楽譜を読むと、その中で音やリズムの「パターン」のようなものが段々と見えてきます。

「パターン」を無意識にでも認識できるようになっていくことが、より早い譜読みへと繋がるのです。


そのような意味で、今取り組んでいる曲と同じアーティスト・作曲家の曲、同じようなジャンルの曲に息抜きとして取り組んでみるのもオススメです。

雨でお外に出るのが億劫な時は、ぜひお家で新しい曲の譜読みをしてみてください♪


本日の演奏動画

私が入社して初めて録った演奏動画なので、こちらでまた紹介いたします。ブラームス晩年の作品「7つの幻想曲 作品116」より第3曲です!

他に、店頭アップライトピアノの弾き比べ動画も随時Youtubeに公開しているので、是非Youtubeチャンネルもご覧くださいね!

島村楽器丸井錦糸町店Youtubeチャンネルはこちら!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


丸井錦糸町クラシック店 梶

ピアノサロンのご紹介・体験レッスンについてはコチラ

インストラクター紹介はコチラ




記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。