【管楽器メンテナンス塾】#5 タンポってどうして交換するの?

画像
#5管楽器メンテナンス塾

久々の更新です!皆さんお元気ですか?
ちょっと風邪でダンディーな声しか出ない神戸(ごうど)です。
管楽器メンテナンス塾は、管楽器のちょっとしたお手入れや豆知識などの紹介を通じて、
知らず知らずのうちに知識を増やせる、そんなブログです。

タンポって、どうして交換するの?

第5回のお題は「タンポってどうして交換するの?」です!
この質問、とてもよく言われます。
今回は「どうして」の部分を簡単にご説明いたします!

タンポの役割は穴を塞ぐこと!

画像
フルートのタンポ調整風景

さて、みなさんはタンポって何のためについているかご存知ですか?
そう、楽器の穴を塞いで音を出すために付いています。
タンポを交換するのは、この役割が「何らかの理由」で果たせなくなってしまったから!

タンポが穴を塞げなくなってしまった理由発表!

普通に箇条書きにしてもつまらないので、ここからはタンポさん達に登場してもらいましょう。
タンポさーん!
                   \はーい/

画像
タンポ達

では、ここからはタンポさん達に説明してもらいます!

理由①キィ曲がり

画像
キィが曲がったクラリネット

画像クラリネットタンポさん
「キィ曲がりでタンポの位置がずれてしまったタイプだ。
管楽器は意外と柔らかい金属だと心得てくれ」

理由②タンポの形が歪んだ・劣化した

画像
劣化したフルートのタンポ

画像フルートタンポさん
「私達こう見えてデリケートなの。湿度や温度、時間経過により劣化することもあるわ…。
良く見ると表面がボサボサになっているのがわかるかしら?これが劣化よ…」

理由③タンポに汚れが溜まっている

画像
サックスのタンポについた錆(緑青)

画像サックスタンポさん
「私の!!顔に!!こんなに汚れをつけるなんて…!!(涙)」
因みに汚れの種類は、錆(緑青)・ホコリ・毛・水汚れ・クリーニングペーパーの切れ端など。
汚れのせいで穴が塞がらなくなる前に、ちゃんと掃除しましょう。

タンポの寿命を延ばすために

画像クラリネットタンポさん
「タンポの寿命を延ばすために気を付けることは2つだ!
キィを曲げない、ちゃんと掃除する!
たったこれだけで、寿命はだいぶ変わるんだ。覚えておいてくれよ」

画像フルートタンポさん
「もちろん、物だから劣化はするわ。5年・10年と経てば表面も劣化するし、
タンポを接着している接着剤が古くなって、タンポが取れてしまうこともあるの…」

画像サックスタンポさん
「いずれは交換しなければならないものだけど、
知識不足でタンポを汚しちゃうのはとても残念だよね」

        \君も自分の楽器のタンポを見てみよう!/

画像
タンポ達

タンポさん達、ありがとう!
(そしてこのテンションの文章を最後まで読んでくれた皆さん、ありがとうございます!)

まとめ

タンポは消耗品です。
劣化や汚れなどで交換しなければならなくなる物ですが、
その度に練習が中断されたりお金がかかってしまいます。
出来る限りタンポが寿命を全うできるよう、取扱やお手入れに気を付けてみましょう。

タンポの交換が必要か迷ったら

音が出にくいのはタンポのせい?汚れてる?
判断に迷ったら丸井錦糸町店までご連絡ください。
ダンディーヴォイスの技術者がお迎えいたします!

ではでは、本日も皆様が楽しく練習できますように!
良い夏を!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。