【管楽器メンテナンス塾】#2ワインとフルートの共通点?!

画像
管楽器メンテナンス塾#2

皆さん、こんにちは。
おにぎり大好き管楽器技術スタッフ・神戸(ごうど)です。
管楽器メンテナンス塾は、管楽器のちょっとしたお手入れや豆知識などの紹介を通じて、
知らず知らずのうちに知識を増やせる、そんなブログです。

第2回はワインとフルートの意外な共通点について。
なんとなく、どちらも素敵な奥様やおじ様が嗜むイメージ。
フルートとワインの似合う大人、憧れちゃいますね!

フルートの頭部管のなかには…

さて、まずはこちらの写真をご覧ください。

画像
頭部管とコルク

フルートの頭部管ですね。頭部管と一緒に並んでいる茶色の物、これはコルクです。
このコルクが頭部管の中に入っていることはご存知でしょうか?
(初耳でも大丈夫です!)

画像
頭部管に入っているコルク…その名も「ヘッドコルク」

このコルクはワインの栓をしているコルクと同じ天然の木です。
ワインと同じようにギュッと頭部管に押し込め、ネジで固定しています。
(やっとワインが出てきましたね!)
このコルクには重要な役目があります。
頭部管から入り込んだ息は、まず最初に「反射盤」に当たって楽器本体に流れていきます。
↓のような感じで頭部管の中に入っています。

画像
反射盤

この反射盤の位置を決めているのがコルクで、正しい音程や吹き心地を安定させる役目があります。

コルクが緩むと…

押し込められたコルク、そしてネジはそのまま時間が経つ緩むことがあります。
コルクが痩せたり、ネジが振動で緩んだりすることで、
コルクの位置が変わってしまったり今までは無かった隙間が生まれます。
そうなると、コルクと一緒に反射盤の位置も変わり、楽器そのものの音程にずれが生じます。
また、無駄な隙間から振動が逃げて、音の安定感や芯がなくなってしまうことも。

画像
フルートとワイン

ワインも栓がしっかり入っていないと、劣化していき風味が落ちてしまいます。
そうなってしまったら、せっかくの美味しいワインも魅力が半減ですね。
フルートも同じで、音程の不安定な状態で練習すると余計な労力を要します。

まとめ

フルートのコルクはワインと同じ!
緩むこと音質・音程が悪くなるので、緩んでしまったら交換しましょう!

頭部管のコルクの位置を確認しよう

最後に、そんな重要なコルクの位置確認の方法をお教えします。

準備する物

画像
頭部管とお掃除棒

  • お使いの楽器の頭部管
  • お掃除棒(頭部管と同じメーカーのもの)

余談ですが、ナゼわざわざ頭部管と同じメーカーと書いたのか…。
それは、実は少~しメーカーごとに反射盤の位置(コルクの大きさ)が異なる為。
共通のメーカーもありますので、不安な時は私までご相談ください。

確認方法

1. お掃除棒のガーゼを入れる穴がある側の、反対側を頭部管の中に入れます

画像
頭部管にお掃除棒を入れます

2.お掃除棒に刻まれた溝が、頭部管の息を入れる穴の中心にあるか見ます
お掃除棒の赤い矢印の部分が溝です

画像
お掃除棒(クリーニングロッド)の溝

位置があっている場合

穴の中心に溝が見えますね

画像
位置が合っている場合

位置がずれている場合

中心から溝の位置がずれてしまっています

画像
位置がずれている場合

以上です!
位置がずれてしまっていたら、店頭・またはお電話でスタッフまでご連絡ください。
頭部管のコルク(ヘッドコルク)の交換は通常10分程で完了します。
技術者の稼働状況は以下でご確認頂けますので、お気軽にご連絡ください。

ではでは、本日も皆様にとって良い音楽ライフとなりますように!
最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございます。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。