【音のバトン。】ねねの音彩(ねいろ)~ピアノサロン通信Vol.126~

こんにちは〜(*^^*)

お久しぶりになってしまいましたが、皆さんお変わりありませんか?

今日は「スラー」についてお話をします。


スラー(英:slur)


2つ以上の音符にかかる弧線で、音と音の間を滑らかに繋げて演奏します。

(ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第二楽章 抜粋)


楽譜の中で、一番最初に覚えた記号だという方も多いのではないでしょうか。

「スラーの終わりの音は大きくしちゃダメよ!」と、私自身、小さい頃に先生からたくさん言われて育ってきました。

あいさつにお歌、おゆうぎ会のセリフなど、語尾が元気になりやすい頃は、ピアノの音にもきっと同じように表れていたんだろうなぁ(笑)


楽器って本当に正直で、素直ですよね!

 

滑らかに弾く


スラーはフレーズの「始まりの音」「終わりの音」を私たちに教えてくれる、大切な演奏記号です。

メロディが滑らかに聴こえないと悩まれる方は、ぜひ「弾き終わった音を聴く」というのを習慣にしてみてください。


「前の音」と「次の音」が違いすぎると、でこぼこになってしまうので

・音量や音質

・指の重さのかけ方

・鍵盤を押すスピード

を意識してみてください♪

音と音のつなぎ目がずれないように、間の隔たりをいかに無くすかがポイントです。

速度を落として練習した方が、音も聴きとりやすいのでオススメですよ!

そしてフレーズの一番最後の音は、前の音に比べて少し優しく鳴らしてあげてくださいね。

皆さんとのあいさつは、子供の頃のように(笑)

語尾を元気に!発していきたいと思います(*^^*)


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 月ちゃん より:

    いつもなんとなくで考えていましたが、スラーは奥が深い記号なのですね。
    私自身なんでも全部に力が入ってしまう性質なので、難しそうだなと思いました。
    子どものときの元気な語尾と聞いてよくわかりました(笑)
    力を抜く、優しく調節するというのは、何においても、成熟すればするほど必要な技術ですよね。
    良くも悪くも、楽器には全部顕れてしまうのが面白いです。
    大人になったのにラジオ体操を全力でやりすぎて周りに「もっと力抜いて」と言われたのをなんだか思い出しました(笑)

    ねねさんの元気な挨拶が聴けるのを楽しみにしていますね*

    次回も楽しみにしています♪

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。