【程よい我慢が、音を惹きつける。】ねねの音彩(ねいろ)~ピアノサロン通信Vol.124~

皆さん、こんにちは!

ここ数日で急に気温が低くなりましたね〜。

朝夕はとくに涼しく、時に寒くも感じるようになったので、体調にはくれぐれもお気をつけくださいね*



crescendo、decrescendo


今日は、クレッシェンド・デクレッシェンドのお話です。


この強弱記号は、フォルテ(f)やピアノ(p)とは異なり、数小節にわたり「時間の経過」を使って表現するという特徴があります。


だんだん強く…

だんだん、弱く…


小学生の頃、いくら練習してもデクレッシェンドのコツが掴めなくて

「だんだんって…何よ!」

とやり場のない気持ちを松葉記号に突っ込みながら、日々向き合っていました(笑)


「はい!ここからは強くだよ!」とフォルテさんならズバっと言ってくれますが、

「もうすぐで山場よ…ほら〜山場…!」とクレッシェンドさんに予感を促されるときには、妙な緊張感が走ります(笑)


●ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番Op.13 「悲愴」第3楽章より抜粋●


表現の我慢


4小節目にフォルテがあり、1小節目にクレッシェンドが書かれているとします。

1小節目からどんどん強くし始めて、4小節目に到達する頃には、

「これ以上、音が出ない…!」

となってしまうことって、結構ありますよね。

デクレッシェンドも然り。


音楽は流れてしまえば過去に遡れないですが、表現を付ける際には、「逆算する練習」が非常に重要です。

➀頂点でどのくらい大きくしたいのか&弱くしたいのか。

➁そうすると、出だしはどれくらいの音量で始めるのが丁度良いのか。


皆さんも、ぜひこの➀・➁を意識して練習してみてください♪


松葉記号たちと「だんだん」仲良くなっていけますよ(*^^*)


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。