【新しい年、新しい音。】ねねの音彩(ねいろ)~ピアノサロン通信Vol.109~

あけましておめでとうございます!

昨年も、皆さまから日々新しい気付きや経験を多く頂き充実した1年となりました。

本当にありがとうございました。

2020年も、楽しくて面白い音楽の時間を一緒に共有していけると思うと、今からワクワクです…!

皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本年も、吉祥寺店・音楽教室をどうぞよろしくお願い致します!



初ブログは、ピアノサロンにやってきた「アップライトピアノ」の紹介です♪

(※2019年最後のブログで一刻も早く紹介したかったのですが、体調不良で更新できず…(T-T) )



お待たせいたしました!!

偶然にも2019年12月25日の午前中に届いた、素敵なクリスマスプレゼントです。


ドイツのピアノメーカーの「ウィルヘルム・スタインベルグ」です!


嬉しすぎて、届いた直後はしばらくずっと眺めていました(笑)


これからは、このピアノが皆さんの感性を今以上に、より豊かにしてくれると思います。

電子ピアノとはまた異なる、新しい視点や魅力をレッスンでお届けしていきますね(*^^*)!


スタインベルグは、1877年に創業されました。

最初は、ピアノメーカーに部品を提供する工房からスタートし、その後ピアノ製造工場へと成長を遂げていったのだそうです。

歴史を感じますよね。

実際に音を鳴らしてみたときは、長年にわたってピアノを発展させてきたドイツ独自のノウハウが、大事に活かして制作されているのがとても伝わってきました。


心が落ち着くような深みがあるけれど、決して暗くはなく、中音域から高音域は独特の透明感もあります。


ん~~!!

「ドイツらしい音」を、皆さんにも是非聴いて頂きたい……!!!


レンタルでもご案内ができますので、ぜひ生の音を味わいに遊びに来てくださいね♪





記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。