【鍵盤に手を置いて、しみじみ。】ねねの音彩(ねいろ)~ピアノサロン通信Vol.30~

こんにちは~!

本日で、このピアノサロン通信。

30回目を迎えることができました~!

画像

※サロン会員様が、30回目にちなんで楽譜売り場から探して持ってきて下さった楽譜。そして、ブログにイレギュラー出演してくれていたクマ(笑)とも記念にパシャり。

ブログを見て下さっている皆様からの温かいお言葉も、とても励みになっております。

本当に、ありがとうございます!

そんな今日は、酒井の他愛もないトーク回です。

人によって色々な感じ方があるとは思いますが、ここでは、酒井が日々の練習で感じていることを呟いてみますね(笑)

吸って、吐いて。

突然ですが、みなさん!

普段、意識的に深呼吸をするという時間は作っていますか?

私は、一日の中で何回かは行うようにしています!

頭を空っぽにして…息を吸って~、吐く~。

とても、気持ちが良いですよね。

私たち生き物にとって、呼吸は無くてはならないものですが、音楽にとっても、呼吸は必要不可欠。

楽器が何であれ、どんな曲調であれ、

呼吸を意識的にするのとしないのとでは、音楽への伝わり方が全く違います。

だと、自分そのものが楽器になりますし、吹奏楽器なら楽器の中に直接息を流すことができますよね!

けれど、ピアノは違う…

椅子に座って鍵盤に手を置いただけじゃ、自分の息を伝えることはできないのです。

ピアノと繋がる。

じゃあ、どうすればピアノと繋がれるんだろう…

そんなことを考えているときに、ふと思いました。

自分の呼吸を、指先に伝えてあげればいいのだ!と。
(これはピアノ以外の楽器を演奏するときにも、言えることだと思います。)

だって単純に、ピアノに触れることができるのは、自分の身体の中で唯一。

「指先」だけ(ペダルなら足先も…)

ですしね!(笑)

自分が呼吸をしたときには、指先にも一緒に呼吸をしてもらえるようにする。

その練習方法の1つとして、楽譜上のスラー休符を感じてみる。

まずは楽譜と向き合って音楽の呼吸を、自分で感じとってみる。

そして、自分の呼吸が指に伝えられるようになるまで、日々練習。練習。

その繰り返しなのかな?なんて思ったのでした。

「ピアノと繋がるために大事なことは、まず自分自身(心)が目の前にある音楽を、感じ切る。」

「酒井」「ピアノ」にとっては、これが一番心地良い気がします。

明日からもまた、ピアノ人生を楽しみますぞーー♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。