管☺﨑(かんざき)工房vol.2【あなたのフルート…大丈夫ですか??】

フルートの中に潜むコルク。

こんにちは~!

あけましておめでとうございます。
さあ、前回の更新から1か月以上が。。。マイペースに頑張りまーす!(笑)

最後に出勤スケジュールもあります!

前回の記事もご覧ください♪

【本日の工具】
画像
見つめる先は十字架のような銀色の何か。。。
今回の記事の中で使うので是非見ていって下さーい♪

今回はフルートのヘッドコルクについてです!

ヘッドコルクとは何ぞや??
画像

フルートの頭部管の中に入っているコルクのこと。
えっどこにあるの!?って思いました??
私は初めて聞いたとき思ったので標準的な反応です(^^♪笑

何のために入っているの??

息から出る老廃物を分解吸収してくれるのです
コルクの状態で音色がかなり変わります!!!!(今日の伝えたいポイント。重要!!テスト出る!!!)

頭部管を下から覗いてみると銀色の何かがみえますよね
画像
取り出してみるとこんな感じ!
画像

演奏後にここに水滴がたくさんつきますよね。
しっかり水気を取ってあげないと、水の近くにコルクが…
そのままケースにしまって…
ああ恐ろしい。

話がそれましたが、この反射板って位置が決まっているんですよ!
反射板~唄口の真ん中の距離です。
メーカーによって多少前後しますが
ピッコロ 7.5㎜
フルート 17㎜
アルトフルート 26㎜
バスフルート 40㎜

いやいやいや、こんなの覚えてられませんやないの神﨑さん、と。

大丈夫です。お掃除棒の先っぽを見て!!
画像

このくぼみを頭部管に入れて
画像

あら素敵。これで確認できます。

でも、そもそも!!
なんで位置がたまにズレるの???何で????
(切れ気味)

コルクの状態を見てみましょう。
画像画像

全然大きさが違いますよね。同じメーカーのコルクですよ。。。

そう。コルクって縮こまってしまうの!!!!

こんな経験ありません???

「上のキャップがぐるぐるまわる!!!!壊れた!!!」
「上のキャップちょっと緩んだから締めよーっと!!ギュッ!!」

「練習疲れたー!!羽生くんの順位どうなってるかな!?」
(ごめんなさい。3つ目は今の私です。)
画像
一度はあるのではないでしょうか?

キャップを回すと、ネジが締まってしまい、反射板の位置が変わってしまいます

位置が違うかも。。。。という方はズレ、もしくはヘッドコルク交換の必要がありますので。お持ちくださいね。
画像画像

チェックのポイントは真っすぐ目の前から見る事~!
画像

で!

ここで本日の工具!

画像

なになになに。何してるの?
ヘッドキャップを開けたらネジになっているんですよ。
コルクと反射板を締め付けるための!(謎の倒置法)
画像
このネジの締め付け具合でも音が変わります。
噓のようで本当です。
画像

修理内容 基本技術料金(税抜)
ヘッドコルク交換 ¥1,500~

とにかく自分で見て分からなかったら持ってきてください(*'ω'*)!

最後まで読んでくださってありがとうございます!
次回もお楽しみに~!

2月の出勤スケジュール

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
休館日
25 26 27 28

〇(10:00~18:00)△(12:00~20:30)●(13:00~21:00)

END

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。