【音にだって、温度はある?】ねねの音彩(ねいろ)~ピアノサロン通信Vol.7~

寒くなりましたね~!
みなさん、毎日暖かく過ごされていますか?

私、なぜかになると

無性に「音楽って、良い………!!!」の気持ちが増してきます。
※もともと暑いのは苦手な生物なので、秋冬に過ごすのを得意とはしているのですが(笑)

秋・冬の方が「音楽」への気持ちが真剣になり、好き!が強まる……

その理由を、考えてみました!(真面目モード)

心の温度に、影響する?

きっと、ピアノを弾くときに気温が低ければ低いほど心のエネルギー(熱量)」を多く必要とするからだと思います。

例えるなら、お風呂の沸きあげでしょうか。
お湯の温度が低いほど、高温にするまで給湯器も必死に頑張りますよね!!

肌では「」独特の冷たさを感じつつも、曲の盛り上がりを目掛けて一気に感情を燃やし、自ら心にを持たせていく。

だがしかし!外は寒い…
※暖房の効いた部屋で練習しているなら、寒くないじゃないか!というツッコミが聞こえてきそうですが…(笑)
外気温は寒いですから、、ね!

自らの心で、音楽に熱を。

この季節、最初は指も冷たいですよね。
重い腰を上げた最初の一歩のように、まずは自らが燃料となって、そして音楽を動かそうとする。

外側と内側で感じられるこの温度差が、

精神的にも音楽的にも、より深みを与える隠し味になっているのかもしれません。

できるならこの季節、外にピアノを置いて弾いてみたいものです。
※体にも楽器にも、優しくはないですが(笑)

体が寒い分、よりピアノの音から温度を感じられそうじゃないですか!?
なんていうか、心の奥底で「冬」と交われる、
そんな瞬間を味わえるような気がします。

皆さんが「音楽をより好きに感じられる季節」は、いつですか?

本日の、演奏動画!

画像
※ちょっと画像が大きすぎた…

今回はこの1冊の中から、あるクリスマス曲を選んでみました!

楽譜の雰囲気としては、
ブルグミュラーを弾く方にとって、丁度良いと感じる譜面指の動きになっていると思います。
右手と左手で交互に出てくる、メロディーの追いかけっこが楽しい1曲です!

他にも、クリスマス楽譜はたくさんありますので、皆さんが好きな歌・ピアノアレンジを、探してみて下さいね♪

クリスマス楽譜記事の紹介 ↓ ↓
今から練習すれば間に合う!クリスマス楽譜紹介!@吉祥寺パルコ 吉祥寺パルコ店 店舗情報-島村楽器

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。