【手作りレッスン①-2「世界一かんたんなよろこびの歌」】ねねの音彩(ねいろ)~ピアノサロン通信Vol.5~

手作りレッスン①-2「世界一かんたんなよろこびの歌」

今日は、前回ご紹介させて頂きました↓ ↓

「世界一かんたんなよろこびの歌」練習法を簡単にお伝えしていきますね!

ではまず初めに。
最初の練習段階において、最も大切にして頂きたいことが2つあります。

それは…………?

「片手ずつ」「ゆっくり」、やってみることです

(そこまで溜める必要は無かったですが(笑))

ピアノが初めての方にはもちろん!ですが、私自身も練習をする際には、いつもこの2つを大事にしています。

「片手ずつ」「ゆっくり」の良いところ!

1つずつの音をしっかりと聴き取れる ⇒ 音が覚えやすい

片手だけにしっかり集中できる ⇒ 指に覚えてもらうのが早くなる

指番号や、隣同士の鍵盤の位置/幅の感覚が覚えやすくなる

……などなど

★今挙げたことだけに限らず、他にも指・耳にとっての良いところはたくさんあります。

右の指・左の指、それぞれが無意識に次の音に自動的に行きたくなるようになると、両手にしたときに合わせやすくなるのです!
(そこに辿り着くまでが、むずむずしちゃいますけどね……笑)

練習の参考動画を載せてみます。

画像

①同じ音を連続で鳴らす練習楽譜の赤く囲ってある部分!
⇒1つ目の音を鳴らし、鍵盤が戻ってきたタイミングで、もう一度押す

②1音1音をゆっくり、しっかり弾く
⇒5本の指先が、鍵盤の底にコンっと入るイメージ

上の①と②を実際に弾いてみるとこんな感じ!

次週は、楽譜の後半部分です!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。