【イベントレポート】プロギタリスト「坂本夏樹」氏と「Trafzck Guitar Services」によるマニアックサウンドチェック!音の実験イベントレポート!沼です!

プロギタリスト「坂本夏樹」氏と「Trafzck Guitar Services」による音の実験イベント!を開催しました!

いつもマニアックなイベントになりますが、今回はもうマニアックなイベントとして打ち出しました!結果衝撃な迷言で締まりましたが、そんなイベントのレポートをお送りいたします!

準備は完了!!

まずは挨拶から、やはりトークになると流石です。時間を忘れます!

音が変わるとは、パーツとはなんぞや!といったところを紹介するにあたり、注目すべき今回のパーツはジョイントプレート!コンデンサー!

しかしそのパーツを変えて音の変化を楽しむ前にセットアップをしてサウンド変化を披露いただきました!

楽器のパーツを変える前にまずはその楽器が正しい調整がされているかどうか、まずはそこからスタートです!

入門ギターを調整してどこまで変わるか!

弦高調整(高く、低く)→PUの高さ調整を行い生鳴りとアンプからのサウンドの違いを確かめます。右手でサウンドコントロールをすることができる坂本夏樹氏でもPUの高さ位置が低いと低音も高音も出なくなります!

ポールピースの高さでもサウンド変化が楽しめます!むしろここはかなり重要なポイントです!音の出力バランスを整えてあげます。

かなり細かくサウンドチェックをいれ、お次はジョイントプレート!

支えとなるパーツ質量を変えることによりサウンド変化が楽しめます。

生鳴りでとても違いがわかりこれは楽しめたと思います!

音のバラつきが出てしまっていたのがプレート交換でまとまり、音圧感も変わりました!

そしてネタ部門としてメイプル材のジョイントプレートが登場しました!

木ですね!アコースティック感のあるサウンド、決して悪くないです!しかし強度の問題もあるので長いこと使っていけませんが、とても良い実験でした!

ジョイントプレート交換の際の共同作業、チューニングのズレの無さは流石です。

増し締めも大事ですよね!マニアネタでした。

お次はメインイベントといっても過言ではないコンデンサ

現行モデルとビンテージが比較できるとても貴重な機会です!

それぞれの特徴を実際弾いて確認できました。

現行モデルはオレンジドロップから始まり、セラミック等、色々試しましたが、中でも坂本氏オススメと気に入っていただけた「THE Clone1954」

気になる方は是非お問い合わせ下さい!

ビンテージは流石のサウンドです。特にバンブルビーは皆納得でした!

今回使用したギターはコンデンサがすぐに試せるように改造されております!この状態で柏の葉店にありますので、お問い合わせいただければコンデンサをお試し頂いた上で購入できる素敵なギターとなっておりますので、是非大森までお問い合わせ下さい!

色々音の違いを確かめましたが、最後に言葉と文面でこう残して頂きました。

自分が好きな色のギターの方が良い音が出るし、「このギター最高」と思って弾いた音が一番良い音です。つまり一番大事なのは弾き手です。

迷言?とも言っておりますが、結局はここですよね!良い音は共通する所はありますが、皆んな人間好みは違うものです。それぞれの良い音を探していきましょう(沼です)!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。