【ギター大好き大森のブログ】アコースティックギターのブリッジピン!色々あります!

いつも島村楽器ららぽーと柏の葉店をご利用頂きありがとうございます!

寒すぎて保管している楽器が心配でしょうがないです!皆様もインフルエンザ等、体調管理気を付けて下さい!

今回はアコースティックギターのブリッジピン!

弦を止めているこのピン。ただ刺さっているだけではありません!サウンドにも大きく作用する大事なパーツなのです!

素材も沢山あります。

どれにでも標準装備のプラスチックピン。

30万オーバーのギターでも普通に付いてます!

これはギター購入後ぜひ変えたいです!

ヴィンテージ仕様に比較的多く装備されるウッドピン。

ローズウッドやエボニーのピンがあります。

ウッドはさすが木は森に隠せではありませんが、ウォームな感じと鳴りの広がりは心地よいです!

そして迷ったらコレ!ボーンピン!

安定したサウンドにギターの持ち味を活かす牛骨!

マニアックな物ならラクダの脚の骨!

象牙の代用材として発見したもので、引き締まったパワーを感じます!コチラは大森も使用しております!

そして金属!ブラス材!

このギラついた音圧!

アコースティックなのを忘れますね!

さらに上位クラスのギターをお持ちなら是非このピンはお試しいただきたいです!

象牙ピン!

象牙は使用の制限がありますので、認定されているものにはコチラの証明紙があります。

しかしサウンドは良いですね!変にギラつかずマイルドな感じもでますが、弾き方に応じてパワフルなサウンドにもなります!

お持ちのギターを店頭に持ってきて頂ければ試した上で購入できます。ピンの太さによって使用出来ないものもございますので、大森までお問い合わせ下さい!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。