【ドラマー店長の大和田ブログ】電子ドラム特集!メーカーやグレードによって、叩いた感触はそれぞれ違います。今回は検証ブログ!Part3

今回も電子ドラムのメーカーやグレードによって、『叩いた時の感触』について検証していきたいと思います。

前回までの内容はこちらを確認してくださいね。

電子ドラムを設置する際に気を付けたい事→音の問題Part1

電子ドラムを設置する際に気を付けたい事→音の問題Part2

アコースティックドラムに似ているものはどれだ?をコンセプトに更新していきますよ!Part3では、シンバルとの比較については以下のストロークで試してみますよ。

とてもバランスの良いベストセラーでもある、スティーブ・ガッドのドラムスティックを使っていきますよ。しかも、こちらはナチュラル仕上げです。

⓵チップで打った場合→スティックの部分名称を解説しますね、ここの位置です。

➁エッジで打った場合→スティックの部分名称を解説しますね、ここの位置です。

⓷ボウで打った場合→スティックの部分名称を解説しますね、ここの位置です。


豆知識ですが、シンバルは揺れによって直接的な衝撃を流しています。割れてしまう、ヒビが入る場合は真横からの衝撃による事が主な原因ですよ。あるドラマーの格言では、シンバルは割れる事ないと断言してたり、、、

電子ドラムのシンバルパッドはアコースティックシンバルと材質が異なりますが、打感性は、やはり求めたいですよね。そして正しい叩き方が身につく電子ドラムを見つける一歩です。

電子ドラムのシンバルパッドはYAMAHA/PSY135とRoland/CY-13Rにて比較していきますよ。ヤマハのシンバルパッドの方が、ローランド製品よりもゴムが柔らかく感じました。スティックで少しだけ叩いたのですが、音の粒立ちはローランドの方が、ほんの少しだけ消音のような感じですが、ほぼ大差なしとも言えますね。

裏側はこんな感じですね。

では、Roland/CY-13Rのシンバルパッドから検証開始です。

チップでビートを刻んでみました。

続いてエッジでクラッシュさせますよ。

最後にエッジをきかせてドーン!

・・・なるほど。

それでは次にYAMAHA/PSY135の検証を行っていきます。画像は食卓に置いてあるような感じになっています。スティックがお箸みたいに見えましたよ。では『いただきます。』

チップでビートを刻みますね。

クラッシュ!

そしてボウでいきました。アコースティックシンバルをボウで叩くと『パシャッー』とした響きがかっこいいんですよね。

では、検証結果として今回もまとめていきます。

Roland/CY-13Rの検証結果

・チップ★★★★☆ 

・エッジ★★★★☆

・ボウ ★★★★☆

トータルバランスが良い結果と言えますね。消音性能も兼ね揃えて、ゴム質感が少し強めの印象です。シンバルタッチを鍛えるのでは、無難に練習ができると思いましたよ。

YAMAHA/PSY135の検証結果

・チップ★★★★☆

・エッジ★★★★★

・ボウ ★★★☆☆

クラッシュさせた時、感覚が1番近いような印象がありました。凄くマニアックな検証でしたが、改めてシンバルのみにポイントを絞ったことで、新たな発見が出来ました。ボウで叩く場合はアコースティックシンバルと比較すると柔らかいような感じ方がありますね。

『叩いた時の感触』について検証してみましたが、感想としては非常にマニアックでしたよ。

また、ひとつ電子ドラムの知恵が身に付いたと思いますので、参考にしてみて下さいね。




記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。