【ドラマー店長の大和田ブログ】電子ドラム特集!メーカーやグレードによって、叩いた感触はそれぞれ違います。今回は検証ブログ!Part2

前回、Part1の内容を振り返るならこちらを確認!

今回も電子ドラムのメーカーやグレードによって、『叩いた時の感触』について検証していきたいと思います。

なのでアコースティックドラムに似ているものはどれだ?をコンセプトに更新していきますね!Part2では、キックペダル打面比較の検証です。

YAMAHAとRolandから、売れ筋の品番である、電子ドラムに付属しているキックパッドを使用した検証ブログになりますよ。

検証に使用するキックペダルはYAMAHAの『FP720』です。こちらはかつてベストセラーとして売れに売れたモデルの復刻です。

ではまずは、YAMAHAのキックパッドである『KP65』を見ていきますね。なんだか、マニアックなことやっているなあ、と思いながら画像を撮っていましたよ。

親指で押した感じでは、打面がゴムの材質です。なので少し凹みが感じる印象ですね。打面が破損したものは、一度も目にしたことがない、とっても頑丈に作られていますよ。

続いてRolandの『KD-9』です。

こちらも親指で押してみると、表面がメッシュで作られており、内側に吸収材が入ってそうな印象を受けます。YAMAHAのKP65と同じく打面の強度もありますよ。

YAMAHA/KP65を踏んでみたドラマー店長の大和田が主観の評価は・・・

アコースティックドラムと比較すると、打面が固い印象です。跳ね返りが何パーセントか無くなる印象ですね。

本物に近い打感性 ★★★☆☆

消音性能     ★★★☆☆

Roland/KD-9を踏んでみたドラマー店長の大和田が主観の評価は・・・

アコースティックドラムと比較すると、キックペダルのビーターが打面に入り込む印象がありました。吸収されていく反応がありますので、こちらも跳ね返りの打感性はYAMAHAのKP65に近いです。

本物に近い打感性 ★★★☆☆

消音性能     ★★★☆☆

まさに、『互角』ですね。

上位機種になると打面のサイズもアップするので、さらに打感性は向上していきますよ。

今回、比較したキックパッドは、ほんとに『互角』です。優劣を付けたかったのですが迷いましたよ。

次回はシンバルを打った時の比較 Part3を更新していきますのでお楽しみを!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。