【ドラマー店長の大和田ブログ】ドラムヘッド編! ラディックヘッドの良いところ!

ドラムヘッド編!

ラディックヘッドの個人的レビューを記載します。

Ludwigのコーテッドミディアムが好きで

最近は、ほぼこれってくらい愛用しています。

※今回は助手の妹尾さんに画像を取って頂きました。

ヘッドと記念に!

栃木で作られているアサプラヘッドなど、

レモやエバンス、

アクエリアンも、

たっくさん使いました。

ですが、

ラディックヘッドに行き着きました。

やはりドラム全盛期の1960年後半くらいから

1970年代サウンドを目指して、

様々なドラムメーカーは

ヴィンテージサウンドを再現していることも多く

手っ取り早くラディックのスムースホワイトが、それを感じさせてくれる気がします。

スティックコーナーの下にあります。

パッケージはこんな感じですよ。赤いデザインで目立ちます!

中も確認してみましょう。

よいしょ。

袋に保護されている。

これがドラマー店長の大和田、お気に入りのヘッドです。

コーテッドが厚めになっている事、

だけど消耗が他のメーカーに比べると激しい印象なんですが

パリッと渇いた音、

またカリッとした部分を欲していますので、

それを出してくれるのは

やはりスムースホワイトしかないと思っています。

後付けですが、ロゴもちょっとカッコいい!

ドラムヘッドの張替えについて、

柏の葉店に大和田が出勤しているときは受け付けていますが、

「おすすめで」なんて、言われた際にはラディックヘッドになっちゃいますよ。

一度、試してみてはいかがでしょうか。

ちなみにドラムのリペアも受け付け開始となりました。

お待ちしています。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。