【ドラマー店長の大和田ブログ】ドラマーの自己主張の1つ、スティックケースについて

スティックをスティックケースに入れてない方、

そのまま手でスティックを持ち歩いている方、などなどの

このブログを読んでいる方を対象に

スティックケースに関して綴ります。

ギタリストや、ベーシストなどは

My楽器にて色や形、エフェクターボード、または音で存在を発揮していますよね。

(まだ楽器を所有していない、スティックケースも持っていない場合は、羨ましくなることが私自身の経験にて、昔そんなこともあったことを思い出しました。)

はじめの一歩は、

やっぱスティックケースからでしょう。

上記の画像にて、『ヒゲの人』とよく言われるドラムケースメーカーがあります。

プロテクションラケットというドラムケースメーカーですが、ドラムの世界では1番愛用されているブランドと思います。

もともとサーフィンボードのケースを作っていたこともあって、ケースの表面はどれも水弾きが良く、水分に強い強度があります。


ちなみにスネアケースなどは、ファスナーを開けると

中に保護をする為にワタワタが付いていますので

持ち運びの際に傷防止が出来ますね。

こちらもサーフィンボードを収納する時に似ています。

では、人気のプロテクションラケットのスティックケースの中はどうなっているか?

ファスナーは2つありました。

スティックは2ペア入りますねー

ん、?

これは何の紐かな?

よくある質問です。

こちらはドラムセットのドラムスローン(イス)に座って右にあるフロアタムに付けることが出来ます。

こちらはマイフロアタムですが、たくさんスティックが入る大きめのスティックケースを付けています。

ちなみに、私もプロテクションラケットの愛用者ですよ。

中はこんなかんじです。

そしてもう一つ、

今はこの2つを使ってます。

色やデザインも豊富にあるから、好みのものを選びましょう。

ちょっと渋め!私も一時期、使っていました!

無難な黒一色、しかも筒状ケース→もともとTAMAがサービスで、ハードウェアの購入特典としていたものです。人気があって商品化となりました。

ケースの質感も上品となり、大人なカッコよさが伺えるケースですね。

などなど、

ドラマーの自己主張であるスティックケースは

やっぱり機能も備えて便利ですよ。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。