【ドラマー店長の大和田ブログ】ドラムチューニングキーマニアの道

ドラムセットを叩くことに慣れた方は、

そろそろ自分で

まずはスネアドラムだけチューニング(音を自分で作る)に挑戦!

ルールは簡単ですから教えます。

やってみてね!

①打面(表面)を時計回りにキーボルトを、

時間で表すと五分から十分くらい締める

すると表面の張りが強くなるので

『っそいや』→神輿を担いでる人たちの勢いの如く

レスポンスが早くなります。

逆に張りを弱めると

間を一瞬置いたような感じで

『押忍っ』というようなルーズだけど

低音ボイス音が

ゆっくりと聴こえるような印象ですよ。

キーボルトの画像を載せます


時計の針で五分から十分くらいの絵ですが

これくらいの角度で少しづつチューニングします。



②裏面は声のトーンと、おんなじ!

ピッチを上げるなら時計で表すと五分、十分くらい締める『カンッ』という印象が表れるようになります。

逆にピッチを下げるとなると、

『ガンッ』というような印象に近づくように出来ます。

※裏面の画像です。

※表現技法はドラマー店長の大和田、主観です!

念の為に失敗例としては、

表と裏のどっちも張りが弱い→シワが目に見てわかるなどは、良い音とは言えないことが多いです。

誰でも簡単に、

良い音だと思ってもらえるようチューニングは

表(中音にして)より、裏面(高音にして)の方が張りが強いと、ちょうど良い音を作ることが出来ますよ!

んでもって前置きは、

この辺で。

ドラムをチューニングする為に必要な

こいつが

チューニングキー!!

気分を変えてキーホルダーみたいに使っていたので、気が付けばコレクション状態です。

ここでやっとタイトルにしていた

『チューニングキーマニアの道』っぽい記事になってきましたね。

栓抜き付きー!!

ちなみに、チューニングキーと一緒に写っているのはリサイクルシンバルで作られた灰皿です!

柏の葉店にありますよ。

頭に付けたら空も飛べそうな奴ー!!

私のお気に入りー!!

柏の葉店にもチューニングキーが豊富です。

キーケースは家の鍵、車の鍵、ドラムの鍵(チューニングキー)をいつも持ち歩いてますよ。


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。