☆柏の葉店 スタッフブログ vol.47☆前田

シマブロをご覧の皆様、こんにちは!

スタッフブログでは久しぶりの登場の前田です!

前の小山さんのブログで弦の話が出ていたので、私も負けずにベース弦の話を簡単にしようと思います♪

ベースをやっている方だと、必ず(?)弦交換は経験しているかと思いますが、目的別に的確な弦を選択

できている人は以外に少ないのではないでしょうか?

そこで簡単ではありますが、弦の種類や構造について解説してみようと思います!

素材

一番音に影響してくる部分です。ベース弦だと主に2つ種類があります・

ニッケル

nickel

素材自体は柔らか目で加工しやすいので、エレキ用弦によく用いられます。

ややブライトで、中音域が出てくれるので太めに聞こえるかもしれません。

基本的にはジャンルを問わずオールマイティーに使えます。

特にこだわりが無い方はニッケル弦を張ると良いでしょう。

ステンレス

stainless

ステイン(汚れ)がレス(付かない)ことから、ステンレスと呼ばれます。

その名の通り、汚れやサビに強く、ニッケルに比べて寿命が長いと言えます。

硬質で弦のテンションも高いが、アタックが強調された音色になります。

しかし硬質なためフレットもよく減ります!

倍音を多く含んでいるので、アクティブP.U.のベースに張ると、効果的かもしれません。

他にもナイロン弦などがありますが、店頭で見かけることはあまりありません。ナイロン弦は芯線に

ナイロンテープを巻きつけているという構造で、とてもあたたかくジャジーなサウンドが出ます。

ウッドベースの様な音を出したい方は一度試してみると良いですね!

構造

弦がどのように巻かれているかでも音色が変わってきます!よくあるものをご紹介します!

ラウンドワウンド

round

芯線に丸い線を巻きつけた弦。凸凹があるので、タッチノイズが出やすいですが、フラットワウンドに比べ

軽いので、音の立ち上がりが早く、ブライトな音質になります。

最近のロックやPopsはほとんどこのタイプを使うベーシストが多いです。

フラットワウンド

flat

芯線に平たい板状の線を巻きつけた弦。ラウンドワウンドに比べ高音域が抑えられ、低中域寄りの落ち着いた

音色になります。また独特のコンプ感があります。

ラウンドワウンドよりも線密度が高いため、張替えの際は一つ細いゲージにすると違和感が少ないと思います。

暖かく柔らかい音色になるので、ジャズプレイヤーに人気です。

コーティング弦

elixir

弦の寿命を伸ばすため、弦の表面に特殊なコーティング材を施した弦。エリクサー弦が有名です。

コーティングの御蔭で弦の寿命が約2倍ほど長く保つと言われます。

何度も弦交換するのが億劫だという方にはオススメです。

ただ、ピッキングしすぎると、コーティングがベロベロ剥がれてしまうときもあるので注意して下さい。

ハーフワウンド

芯線に断面が半円形の芯線(外側はフラット、内側はラウンド)を巻いた弦。

音色はラウンドワウンドとフラットワウンドの中間的な存在です。

店頭ではあまり見かけないと思います。

その他にもハーフ&ハーフといってネック側はフラットワウンド、ボディ側がワウンドワウンドという特殊な

構造の弦もあります。

ゲージ

弦の太さです。1弦と4弦を見て「45‐100」などと呼ぶと、よく知ってる人に聞こえます(笑)

基本的には数字が大きくなると弦が太くなるので、弦の張力が増します。

張力が増すと弦が押えにくくなりますが、音も太くて存在感が増します。

逆に細くすると、張力が減るので押さえやすくなるのですが、ペラペラの音になってしまいます。

自分のプレイスタイルに合ったゲージを選びましょう!

スケール

medium

弦のパッケージにはロングスケールやミディアムスケール、スーパーロングスケールと書いてあります。

これはベースのナットからブリッジまでの距離を示すスケールを指しているので、自分のベースに合った

ものを選ばないと、最悪の場合弦が張れません!

自分のベースが何スケールかわからない場合は、前田までお尋ね下さい。

以上とても長くなりましたが、少しは参考になりましたでしょうか?

ここには書いていないこともまだまだ沢山あるので、是非弦選びで迷ったら前田をお呼び下さい。

弦選びのお手伝いを致します!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。