店長いなばの かしはらいふ ~かしはら音楽生活応援ブログ~ 其の弐 

橿原の皆さんの音楽生活を少しでも楽しくできれば・・・、そんな思いで投稿する島村楽器イオンモール橿原店、店長のブログ

~其の弐~ わかっちゃいるけど緩められない・・・、ペグのお話

画像
皆さんこんにちは。
島村楽器イオンモール橿原店店長の稲葉です。

チビッ子達が待ちに待ったお休み、
夏休みについに突入しました!!!

画像

海に山にプールにお祭り、
地蔵盆とおばあちゃんの家へ帰省、など、
思いっきり遊んで、
思い出がいっぱいになる大事な夏休みですね。

私も子供の頃は初めから終わりまで、
それはもう、おおはしゃぎにはしゃいでいました。

宿題の事など気にも留めず毎日。

宿題・・・、昔の俗称「夏休みの友」。(実際は宿敵)

面倒なんですよね、アレ。

というか、毎日ちゃんとやっておけば、
最後の週あたりに地獄を見なくても良いんですが、

幼少の頃私は、そこは、やはり、なんといいますか、
あれですから、その、まあ、ははは、いやー、
お恥ずかしい、それはもう、

面倒なので後回しに致しました!それはもう、後に後に(笑)!!

画像

面倒な事って、やっぱり手につかないのが人の心理。
子供も大人も変わらない、というのが私の認識です。

さて、面倒なのでやらないなぁ、
という事で思い当たる事ですが、
それはアコギを演奏後、ペグを緩める事。

これって、ギターによくないのかなぁ・・・、
なんて思いますよね。

今回の私のブログ第2弾は、
皆さんとても気になっているギターの、
「弾き終わり後、ペグ緩めるか緩めないか問題」についてです。

画像

これもよく聞かれる話なんですが、
「ギターの弦は緩めておいた方がいいのですか?」
という質問をよくいただきます。

これについてですがズバリ、
緩めたほうがいいと言えます。

というのも、アコースティックギターの弦の張力は、およそ80 kgだということです。
これはそこそこぽっちゃりした成人男性一人の体重とだいたい同じですよね。

つまり、大切なギターにそこそこぽっちゃりしたオジサン一人が、
常にぶら下がり続けている!!ということです(笑)

これはヤバい

そのそこそこぽっちゃりしたオジサンが1年間も2年も10年後もぶら下がり続けたとすれば、
木でできたアコースティックギター、
確かにネックには金属のトラスロッドが入っていますが、
ボディは純粋に木材でできた、
しかもそのボディは3ミリの木の板でできた箱です。

画像

その3ミリの板でできた箱にそこそこぽっちゃりしたオジサンがぶら下がり続けるわけですから、
もう答えはお分かりですね

やはり、緩めたほうが良いと思われます。

とあるメーカーについては緩めない方がいい、
もしくは絶対に緩めるなと社長がおっしゃっていることもあります。
しかし、例えば一年中気候が一定していて寒暖の激しさ、
乾湿が激しく変わらない国であれば問題ありません。

しかし、日本という国は美しく遷り変わる四季があり、
夏は猛暑で高湿度、冬は極寒で乾燥し、
湿度が20%以下まで下がるという、
一年の中で寒暖、乾湿に大きな変化がある国です。

そういった国に住んでいるということは、
そしてその国でギターを保管するということは、
条件は一概に同じとは言えません。

ですので、やはり念には念を入れた方が良いと考えるのが得策ですね。

これを解決する方法はとても簡単。

年中ずっと完璧に湿度コントロールする設備の整った部屋で年中エアコンをかけ続け、湿度50%、室温を28°前後に保ち続け、
かつギターを弾き終わったら弦を外し全く張力のかからない状態にすればいいだけです。
弦を付けたり外したりって面倒くさすぎるじゃないか?
そ~なンです!!それでしたら、ギターを手入れし続けるあなたの為だけのギターテックを一人雇用し、そこで働いてもらうのです。

これで全て解決。

はい、「寝言は寝てから言え!!」って天の声が聞こえます(笑)

こんなのできるのは趣味に大金を払えるようなブルジョワジーな生活をするドバイあたりの人たちだけですよね。

さあそんな夢をつかみにサマージャンボ宝くじを買いに行きましょう
・・・いつも掴んでいる、いえ握りつぶしているのは紙くずとなった夢の残骸ですが。

ここはまず、
其の壱でご紹介した、ケースの中に入れるタイプの湿度調整剤で湿度コントロールしましょう。

そして、弦を緩めておく・・・、
のですが、これが面倒くさいんですよね・・・。

普段かなり多めに緩めておくと、
弾く際のチューニング、
かなりペグを回すことになります。
それはもう、グルグルと(笑)

弾く前に手首が疲れるんですよね・・・、コレが。

弾き終わった後も同じようにペグをグ~ルグル。

これが辛くて結局そのままにしてしまう・・・、
というのが人間ってやつなんですよね。

そこで今回は、そんな皆様にこちらをご紹介します。

画像

Flanger FX-02

フランジャー社の電動ストリングワインダー&マルチツール、
その名も「FX-02」!!!!です。

手首を使わず、ペグに差し込めば電動でグルグル回してくれるので、
張るのも緩めるのも楽々。

緩める回数を決めておいて、
その回数巻き上げれば緩める前に近い所まで、
音を持っていけちゃうからチューニングも早くて楽々。

まさに夢の様な、今週のビックリドッキリメカですね(笑)!!

画像

この小さなスライドボタンを右に入れれば緩む方向へ。

画像

逆の左に入れれば張る方向へキャッチャーが回ります。

あとは下の大きなボタンをPUSHすればOK。

グングン回ってくれる為、時間短縮にもなります。

また、このアイテム、マルチツールですので、

画像

ストリングカッター、

画像

ピン抜きも内蔵されているスグレモノ。
弦交換もコレ一つで解決してしまうという、
痒い所に手が届くアイテムになっています。

バッテリーは3.7vのリチウムイオン充電バッテリー、
iPhone等の5v DCアダプターか、
PCからのUSB電源供給で充電できます。

そ~なンです!!乾~電~池じゃないンです!!

これなら、面倒な弦を緩める作業も毎日続けられますね。

当然コレ、当店のスタッフも愛用しております。
お客様からの弦交換の際、大いに使用させて頂いてます。
是非一度、ご覧になってください。楽々ですから(笑)

ギターの状態を守りつつ、楽チンとは良い時代になったもんです。
ありがたや、ありがたや(笑)

そんなわけで、今回はアコースティックギターの張力のお話しでした。
皆さんの大切なギター、末永く大事にしてあげてくださいね。

今回はこれくらいで・・・。
それでは、また・・・。

かしはらいふ ~其の壱~

ご来店の交通・アクセス

イオンモール橿原
〒634-0837 奈良県橿原市曲川町7丁目20番1号

画像

店舗名 島村楽器 イオンモール橿原店
駐車場代 無料
電話番号 0744-20-1460
この記事を書いた人 店長 稲葉(いなば)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。