Shane Gaalaas(シェーン・ガラス) スペシャルトークセッション レポート!!

8月27日開催 Shane Gaalaas(シェーン・ガラス) スペシャルトークセッション

皆さんこんにちは!店長の大窪です!
お待たせいたしました!先日、店内スタジオにて開催いたしました”Shane Gaalaas(シェーン・ガラス) スペシャルトークセッション”の様子をお届けいたします。
ミュージシャンの方に来ていただき、ドラムセミナーを開催するのは、島村楽器イオンモールかほく店OPEN以来初めての事!!そんな記念すべきセミナーの最初の特別講師を、あのシェーン・ガラス氏にお願いできるなんて・・・。
この会場でしか聞けないトークや見れない表情など、ご参加いただいた方はきっとご満足いただけたと思います。

セミナー当日

 開催に向けて準備を進めてから約2ヵ月間、待ちに待った日がついにやってきました!ドラムセットや、客席の配置、シェーンの控室準備(ウェルカムボード作成)など、お昼過ぎからスタッフ総出で会場設営。楽しみ過ぎて、スタッフは全員テンションMAX!

シェーンの会場入りが本番15分前の予定と、実はかなりタイト(笑)。一人で新幹線に乗って金沢まで向かっているとの事でしたので、
降りる駅を間違えたらどうしよう・・・
間に合わなかったらどうしよう・・・
本当にかほくまで来てくれるのだろうか・・・等、内心ドキドキ余計な心配をしてました。(笑)
18:10頃、イオンに到着したとの連絡が入り、外までお迎えに行く事に。お店に向かうエレベーターの中で、シェーンが時計を見ながら「チョウド!、ピッタリ!」と言ってました。(笑)
無事到着!
もう間もなく本番です!

セミナースタート

シェーン・ガラス氏登場!

ついに始まりました!
今回のセミナーは、”トーク&セッション”皆さんの質問にシェーンが答えていくという内容で、ドラム演奏はほとんどしない予定でしたが・・・なんと!いきなりドラムパフォーマンスをしてくれるとの事!セッティング、チューニングをする所からのスタートとなりました。セッティングから見れるのはなかなか無いですよね。ドラムに対しての拘り、想いが感じられ、ドラマーさんはとても勉強になったはず。

いろんな質問があった中から少しだけご紹介!

左手(利き手と逆)を強化・トレーニングする方法

ドラマーの皆さん、これは永遠の課題ですよね、きっと・・・
シェーンが答えてたくれたオススメの練習方法
まずはリズムパターン、フィルの手順を右手と左手を逆にする事。(オープンハンド)
また、3連の手順をRLLにしてトレーニングする方法や、16分音符を3つ割りして手順をRLLで練習してみるのもオススメしてくれていました。
その他には、右足(バスドラム)と左手のコンビネーション。
例えば、足手足足 手足手手 いわゆるパラディドルのコンビネーションですね。
「試してみると意外と難しいよ」って言ってたので、皆さんも是非トレーニングしてみてください!

音量・音圧を上げる為の トレーニングする方法

シェーンが答えてたオススメの練習方法
ハードな音楽を聴きながら、それに合わせて叩いてみたら?と少しジョークを飛ばしながらも(シェーンらしい。)丁寧に答えてくれました。

実際に間近でシェーンのドラムプレイを聴いて驚いた事は、
もの凄く音が大きいのに、全くうるさく感じない・・・え!?なんで・・?
と思ってましたがこれらの説明を聞いて納得する部分が多かったです。
とくにバスドラムの音がめちゃくちゃ良い音してました!!俺もあんな音だしてぇっす・・・。
まずはオープンリムショット。ポイントは肩や肘を使ってしっつかり振り上げストローク、またスティックはスネアヘッドに押さえつけない。バスドラムの踏み方についてはヒールアップでビーターは押さえつけない事。(オープン奏法)フットボードの少し下の部分を踏むのコツです。
その他たくさんの質問があり、参考になった事も多いのではないでしょうか。セミナー中に回答できなかった質問も一部ありましたが、なんと、後日調べて連絡をしてきてくれる優しさ!!
こんな裏話もありつつ流石プロフェッショナル!!
ドラムプレイはもちろんですが、人間的にも魅力的な方だなと改めて実感しました。

セミナー終了→サイン会

いきなり店頭の電子ドラムで演奏!
人を楽しませる天才ですね!

最後に今回のイベントにご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!
また、ご参加いただけなかった方々は本当に申し訳ありません。

またお店に来てもらえるように、シェーンには熱いメッセージを送り続けたいと思います!!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。