にしともブログ(p・5 アコギ弦の素材と音についての考察)

皆さんこんにちは! 鹿児島店の中西です!

前回はアコースティックギターの弦、、、の素材(主にブロンズとフォスファーブロンズ)、、の音について私が思うことを述べさせていただきました!

どのような内容か簡単に説明しますと、「きらびやかな音」「明るい音」「深みのある音」ってなんだ!!

という感じです(笑)

皆さんは思いませんか??(笑)

そこでイコライザーをいじるのが大好きだった私は、私なりにブロンズとフォスファーブロンズの違いをイコライザー的に考えてみました!

異論は認めます!(笑)

本当はどうなっているのかご存知の方はぜひ私にお教え下さい!

アンプのつまみには主に

BASS (LOW) / 低域の調整

MIDDLE (MID) / 中域の調整

TREBLE (HIGH) / 高域の調整

があり、TREBLEよりも上の音域にPRESENCEがあります。

結論から申し上げますと、フォスファーブロンズの弦はギターアンプで言うPRESENCEの部分が強く鳴っているのではないかと思いました。

ゆえに力の割にはキラキラした音が出るのではないか、、、と

ブロンズはPRESENCEよりは低いTREBLE成分が多いイメージで聞こえました。なのでとても明るい音色なのにどこか暖かな印象!

あくまで、私の耳ではこのように聞こえたというだけなのですが

皆さんはどのように感じるでしょうか??

今回私が最終的に思った事として、文章や端末越しの動画よりも実物の方が圧倒的に納得できるというものでした。

皆さんもぜひ生の楽器を触って選びましょう!!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。