【レッスンインタビューPART①】ピアノサロン~長く続ける秘訣とは?~

こんにちは。ピアノインストラクターの谷です。

この記事では、ピアノサロンに通ってくださっている会員様のレッスンインタビューをお届いたします。
今回は、ピアノサロンに約7年ほど通って頂いている「福留さん」にご協力頂きました。
ピアノの楽しみだけではなく、レッスンに通っていて大変な事についてもインタビューをしております!お仕事をしながら、上達をし続けている、ピアノを続けるための取り組み方・考え方についても聞く事ができましたので、皆さんの音楽生活のヒントになればと思います。
それではご覧ください♪

福留さん

Q1 レッスンに通い始めたきっかけは何ですか?

18歳まで習っていたピアノを進学のために辞めて10数年。社会人になったら再開しようという思いはあったのですが、忙しさに流される日々を送っていました。そんなある日、ドラマの「のだめカンタービレ」を全話一気見し、「私もあんな風に楽しくピアノを弾きたい!」と衝動的に思い立ち、そのままの勢いで島村楽器の門を叩きました。

Q2 レッスンではどのような曲を弾いていますか?

自分の好きな曲をジャンル問わず弾いています。

・レ・ミゼラブル ・ラプソディーインブルー ・荒城の月 ・Foever Love など。

多いのは、ミュージカルや映画音楽ででしょうか?その中でも、メロディーが美しくて、ドラマチックな曲が好きなようです(笑)

(谷)福留さんの言う通り、JPOP、映画音楽・ミュージカル・クラシック・ジャズ等幅広いジャンルに、ソロだけではなく、私と[!!一緒に連弾したり、アンサンブルのために伴奏を勉強したり、何でもしていますね。また、福留さんは自分の好みを知っていることやミュージカルや演奏会にもよく足を運ぶ事も、レッスンで弾きたい曲が幅広く、そして沢山見つかっていくのかなと感じます。

Q3いつ・どのような練習をしていますか?

アップライトもあるのですが、そちらは時間が制限されて社会人には厳しいなと思い、ピアノを再開後に電子ピアノを購入しました。ですので、練習は仕事から帰宅後の夜です。ハノンを弾いてから曲に移りますが、早く曲を弾きたくてハノンをすっ飛ばす事もしばしば。(基礎練習が大切なのは分かっています・・・)。曲は全体を通したり、部分練習やリズム練習など。一人でぶつぶつ言いながらやっています。そのまま過去の曲や他の楽譜を引っ張り出して弾いて終わるのもしょっちゅうです。

Q4 レッスンでの楽しみは何ですか?

①曲を決める時

次に何を弾くか決める時、先生とあれこれお話するのですが、その時間が楽しくてワクワクします。すんなりと決まる時もあれば、先生にお勧めの曲を何曲か挙げてもらってYoutube で動画を見たり、楽譜を検索したりと夢が広がります(笑)

②曲が少しずつ形になっていく時

そうして夢が広がったものの、練習にいざ入るとその夢は一旦しぼみます(笑)譜読みが上手くいかなかったり、「思っていたより左手難しいんですけど!」となかなかスムーズに進まなかったりします。それが形になってくると俄然弾くことが楽しくなります。

レッスン

Q5ピアノを続けていて、きっと楽しいことばかりではないと思います。ピアノを弾く・習っていて大変なことは何ですか?また、それをどのように解決していますか?

やはり、仕事等で忙しくて練習やレッスンの時間が上手く取れない時があることでしょうか。習い始めて間もない頃、その辺りの調整が出来ず、練習も出来ず、レッスンもキャンセル続き、発表会も土壇場でキャンセルして、3ヶ月ほど休会したこともあります。このまま辞めた方が良いのかと悩みましたが、10年以上ブランクがあること、「そのまま続けていれば良かったな」という後悔もありましたので「細くのんびりやろう」と考え方を変えました。そして練習していないとレッスンに通う足も重くなりがちでしたが、例え全く弾いていなくても先生に会うためだけでもレッスンに顔を出すようにしました。その時は正直に「全然練習していません」と堂々と申告します。(先生ゴメンナサイ笑)。でもお陰で、時間がない時でも調整できるようになり、今では生活の一分としてリズムが出来たように思います。

(谷)ありがとうございます。思い出すとそんな時期もありましたよね。ピアノを好きで始めて、きちんと練習するのが当たり前だと思って取り組んでいる時に、忙しくなって疲れていたり、心に余裕が無くて取り組めなくなると「しなきゃいけないのに出来なかった」など、負の感情が湧き始め、ピアノを見るだけで自己嫌悪に陥る・・・。ピアノを続けている方の誰しもが通る道だと思っています。そういう時は、「練習しない」という手段もあります。聴くだけとか、楽譜を読むだけとか。そして、できる時、弾きたい時にいかに効果的な練習をするか考えるのも楽しさを感じるようになってきたら大丈夫です!そして私からすると、まずはレッスンに来て頂いて、「練習していない」と聞くと、「さあ、どこに絞って・どう短時間で効果をあげられるかな?」といった事を、脳みそフル回転でレッスン中に考えています!それが私の楽しみでもあるんです!ですので私に限らず、安心してインストラクターに相談して任せて下さいね

そんな福留さんですが、お仕事が忙しい時期だと夜中に帰ったりすることもあるそうなのですが、それでも習慣的にレッスンに通い、発表会等イベントにも積極的に参加して、楽しみながら続けられています。レッスンの中身も、曲選びも福留さんの状況申告など(笑)により、一緒に話して進めている事も長く続けられている秘訣なのではないかと思います☆

それでは、PART②のインタビューでは、福留さんに「イベントの楽しみやインストラクターについて」等、通っているからこそ分かる部分に注目したインタビューをお届けしていきますよ。是非そちらもご覧ください。

ありがとうございました♪

◆島村楽器音楽教室のご案内はこちら

◆ピアノサロンのご案内はこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。