ピアノで脳トレ?&オススメ楽譜紹介

皆さんこんにちは。ピアノインストラクターの谷です。

このブログでは、脳の活性化脳の健康に良い脳トレをテーマにお送りしたいと思います。脳トレといえば、パズルや計算ドリルなど色々あると思いますが、ピアノ特に脳に良いと言われています。

たまに、ピアノをボケ防止に始めようかな~という声を頂く事があったり、自分自身もピアノを弾いたり教えていて、身体の使い方や、どうやったらうまくいくんだろうと考えたときにについては気になっている事でもありました。

ピアノが脳に良いとは言っても、ピアノ=難しいというイメージで、踏み出しきれない・・・・と思う方も中にはいらっしゃるかと思います。
そんな方にも、取り掛かりやすいオススメの楽譜を発見しましたので、今回はそちらもご紹介したいと思います。

 

では・・・
なぜ、ピアノが脳のトレーニングに良いとされるのでしょうか?

◆ピアノを弾くときに、脳をどのように使っているか?

下手くそな図と一緒にご覧ください(笑)

画像

①目で楽譜を見る ②脳が「音」「リズム」など認識する・記憶する
楽譜で音符をド・レ・ミと数えたり、リズムなどの楽譜から得た視覚情報を認識したり判断したりと脳が処理します。楽譜がぱっと読めてしまう方は、その認識や判断など、脳の処理するスピードが早くなっているといえます。ちなみに、楽譜を見ずに耳コピで弾けてしまう方は、視覚情報ではなく、耳から得て脳に記憶されている情報を元にしていると考えられます。

③脳が指令を出して指を動かす
脳が身体に指令を送り、認識した音を弾くように指を動かします。またどこの鍵盤を弾くか、何の指を使うか、手をどれくらい広げるか、楽譜のどこを見るか等、脳の指令によって動きます。また、右手と左手が様々な動きをする事は、左脳・右脳をバランス良く使っています。脳が指令を出して、神経、神経から筋肉と伝わります。脳が指令を出しても、指自体も鍛えてあげないと「頭じゃ分かっているけど動かない!」という場合があります。

④耳で音を聞く
音は耳に入って電気信号に変わって脳に伝わります。ピアノを弾いている方は、単に音の高さだけではなく、メロディーやリズム、どんな響きになっているかという事まで聞き分けていきます。また、イメージした音と実際に出した音が違う!と、脳が判断した場合は、瞬時に弾きなおしたり、演奏が止まらないように弾き続けるなど、その後どうするかなどの行動の判断まで行なっています。

 

という仕組みで、弾きながら先を読んだり、記憶しながら弾いて・・・を繰り返してピアノを弾いています。

さ・ら・に・

脳は前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉と、おおまかに4つの部分できているのですが、ピアノを弾くという事は、これら全てをバランス良く使っています。

画像

よって、

目、耳で聴いて、身体を動かして、記憶しながら

あらゆる脳の部分を使って

同時に色々な事を処理する

というのが、脳にとっても良いという理由になります。

 

いかがでしたか?

ピアノを弾くという事だけで、脳の力がとっても鍛えられるんです!

それでは、その脳の仕組みを利用して工夫された楽譜がありましたのでご紹介させて頂きます。気になった方は、是非チェックしてみてくださいね。

オススメ楽譜紹介 ~2冊~
1 中高年から始めるらくらくピアノ/ハンナ社

ピアノが初めての方にオススメです!

画像  画像
このらくらくシリーズは、いくつか出版されています。もともとは市民講座を通じて、多くの中高年の方々の声をもとに作られているので、とても分かりやく作られています。他の楽譜には絶対についていない、鍵盤にはる貼ってはがせるシールが付いているので、鍵盤がどこか分からないという位置問題も、解消されるようになっています。そのうえ、楽譜がとっても大きく、ドレミなどの音名や指番号も大きく表示されています。
らくらくシリーズの楽譜を使った感想などのコラムも乗っているので、読むだけでやる気がみなぎるよう工夫されているのもオススメできる特徴です!

 

2 大人の脳活ピアノ~楽らく弾けて頭がさえる名曲30選~CD付/シンコーミュージック

ピアノを少し弾いたことがある方、楽譜が少し読める方にがある方にお勧めです。

画像

いきいき若返る!という見出しに魅力を感じますが、この楽譜の特徴は、「えっと・・・」とどこの鍵盤を弾けばよいか考えるような部分に、鍵盤図がのっています。鍵盤図でおさえる鍵盤がガイドとして載っているので、どこの鍵盤を押さえるのか見れば一目でわかるようになっています。

これで、分からなくなってお手上げ・・・気付けばピアノ弾かなくなった・・・という事がなくなると思います。また、楽譜に載っている曲が、映画音楽・洋楽・歌謡曲・日本歌曲・クラシック音楽と様々なジャンルの名曲が載っています。必ず聞いたことのある曲しか載っていないので、メロディーや歌詞を口ずさみながら弾いて楽しむことも出来ます。お手本のCDが付いているので、分からなくなったら、聞いて・真似して・指をとにかく動かしてみるなど参考に出来ます。

 

視覚に訴えかける情報が多く、コラムや図など工夫点を見て2冊をピックアップしてみましたが、まだまだ、私も調べ切れていない楽譜や本があります。これは良い!と思ったらまた更新したいと思います♪

 画像

長くなりましたが、いかがでしたでしょうか?

是非、実際に楽譜を見てみて、独学でも良いのでご自宅でピアノで脳トレをしてみようかな?と思う方が増えたら良いなと思います!

弾けなくても、脳トレ楽しい!と思って続けていく事で、脳の回転スピード記憶力の向上など、そして、気付けば、曲が弾けるようになったりプラスになる事しかない!です。

教えてくれる人がいた方が良い!という方は、是非、アミュプラザ鹿児島店のピアノサロンをお越しくださいね♩

より分かりやすく・楽しくトレー二ング出来るようお手伝いいたします。

気になった方は、インストラクター紹介もご覧くださいね。

 

それでは、長くなりましたが、ご覧くださりありがとうございました!

 

◆インストラクター紹介

【音楽教室】ピアノサロンインストラクター紹介 - 鹿児島アミュプラザ店 店舗情報-島村楽器

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。