【DTM塾】特別講座「ギター・ボーカリストの為の CUBASE Pro+UR 活用術 feat. CUTT」【レポート】

☆お得なセール・新製品情報満載!デジタル総合サイトはコチラ

毎月開催のスキルアップセミナー「DTM塾」

【レポート】特別講座「ギター・ボーカリストの為の CUBASE Pro+UR 活用術 feat. CUTT」

画像

みなさんこんにちは!

ブラックフライデーセールに
翻弄されまくっている西牟田です。

気温も財布も寒くなってきましたが・・・

DTMer諸氏いかがお過ごしでしょうか。

冬まっしぐらの季節の折ですが、
先日2017年11月19日の当店は、とあるイベントで
熱気に溢れていました――。

いつも私西牟田が講師として開催する音楽制作セミナー
DTM塾」ですが、今回は特別編ということで・・・

プロアーティスト「CUTT」氏をお呼びして、
CUBASEセミナーを開催いたしました!

というわけで、その日の様子のダイジェストで
レポートいたします!

セミナーの様子

開催直前・・・

画像
光の速さで設営が進んでいきます。
今回はCUBASEセミナーということで、
メーカーの方にもお越しいただき、
運営を行っていただきました。

手慣れた感じでもりもり会場ができていきます。

・・・と、ここで気になる荷物を発見。
画像
reface!?
CUBASEセミナーのはずですが、
シンセであるはずのrefaceが・・・?
気になりながらも、設営は進んでいきます。

・・・しばらくすると・・・

画像
画像
設営完了!
机の機材をみてみると・・・なるほど。
refaceはMIDIキーボードとして使うようです。

そう、refaceシリーズにはMIDIキーボードとしての
機能も備えています。コンパクトですし、いい機材ですよね。

画像
CUTTさんチェックリハ中・・・
今回CUBASEのバージョン「9.5」がリリースして
間もないタイミングでしたので、
その新機能もしっかり盛り込めるよう
内容を微調整してらっしゃいました。

さすがはプロですね!

本番スタート!

画像
こんなに多くの参加者様が!
今回定員20名でしたが、実は一時はご予約が
30名に達しようかという勢いでした。笑

たくさんのご来場ありがとうございます!

画像
セミナースタート!
いよいよセミナー開始。

CUTTさんの楽曲を皆さんと聴いたうえで、
その曲のサビ部分をなんとその場で実際制作する
その様子を実演
いただくとのこと!

プロの制作を間近でみれるなんて・・・!

画像
ピアノ・リズム・ベーストラックをサクサク作っていきます。
CUBASE特有の「コードトラック」を使って
あっという間にサビのコード進行を入力。

続いてGroove Agentでリズムトラックを作成。
こちらも音源に収録されているパターンを
コピペの要領でサクッと入力。これ便利ですよねー。

ベースはスラップ音色を使って打ち込みし、
基本的なMIDI編集機能を使ってよりリアルで
かっこいいフレーズに仕上げていきます。

さらに、コードトラックのピアノ音色を
シンセ音源に変更。一気に曲の雰囲気に近づいてきました!

画像
ギターを手に取るCUTT氏。
さあいよいよウワモノが乗ってきます。
ここからはインターフェース「UR」の本領発揮!

今回はUR242を使用しており、RECの強い味方
DSP」機能を使ってアンプシミュレーターを立ち上げ、
レイテンシを気にすることなく録音。

画像
いよいよ歌のせ!
そしてお待ちかねのボーカルレコーディング!

URのDSPを使ったチャンネルストリップを起動して、
超簡単に音作りする方法をみせてもらいました。

画像
UR242に付属しているプラグイン「Morphing Channel Strip」
そのチャンネルストリップがコチラ。一見難解そうですが、
むずかしい設定は一切しなくてOK。

真ん中のたった1つのノブを回すだけで、
EQやコンプの値が自動的に変動するので、
理想の音に簡単に近づけさせることができます。

これは本当に初心者さんは使うべし!

画像
録音中はもちろん会場は無音状態。「無音の中人前で歌う恥かしさ?セミナーツアーでもう慣れちゃって(笑)」とCUTT氏。アカペラ(状態)でもプロの歌声は魅力的!

RECがおわってほっと一息。
その後は「VariAudio」機能を使ってクオンタイズやピッチ修正を実演。
いわゆるケロケロボイスの作り方も見せてくれました。
CUBASEならそんな編集もお手の物!

最後には簡単なミックスを実演。
その中で、バージョン9.5新機能である
・ダイレクトオフラインプロセシング
・改善されたオートメーションツール
を実際みせていただけました。

Cubaseの進化はとまりませんね・・・

というわけで・・・

あっという間の90分でしたが、
打ち込みや録音から編集、ミックスまで
本当に一通りの作業を実演いただいちゃいました。

私の感想としては、改めてCubaseが
日本一使われている理由を再確認できましたね。

ここまでプロフェッショナルなツールなのに、
操作やUIは非常に簡単簡潔。
初心者から経験者まで、さらにはどんなジャンルの方でも
使って満足できるDAWなんです。

・・・SONARユーザーの方には大きな悲報がありましたが、
現在SONARをお持ちの方が、Cubaseへお乗り換えされる場合に
お安くご購入頂けるクロスグレード版ができました。
(現在お知らせ記事作成中)
迷っていらしゃる方、活用ください。

セミナーを通して改めて、デジタルアドバイザーとしても
胸を張っておすすめするDAWです!

12月のDTM塾はお休みです。

さて来月はDTM塾はお休みをいただきます。
1月以降はコチラのまとめページに追って告知いたします。

お店ではクリスマスの時期ですので、
各種イベントが盛りだくさん!

以下はDTMerの皆さまにも特におすすめのイベントです!
是非チェックしてくださいませ!

【2017年12月15~17日】年に一度の祭典!管楽器フェスタ

店舗名 島村楽器 鹿児島アミュプラザ店
電話番号 099-812-6818
担当 西牟田(にしむた)

お気軽にお問い合わせください!

DTM塾まとめページはこちらをクリック!

この記事を書いた人

画像

名前 西牟田 和真 (ニシムタ カズマ)
プロフィール デジタルアドバイザー・DTMセミナー講師の西牟田です。現在ゲーム音楽や主題歌の作編曲から効果音制作まで、サウンドクリエイターとして楽曲提供も生業としていますので、音楽制作やデジタル機材・ソフトに関することならお任せください。また仕事を生かしてピアノ・ギター・チェロなど様々な楽器演奏も経験しております。総合楽器店員として様々なサポートを致します!是非お気軽にお声掛けください。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。